「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ:舞台芸術 ( 88 ) タグの人気記事
児童劇、あなどる勿れ。(沖縄三日目)
「キジムナーフェスタ」は、児童劇の国際フェスティバル。今日は二本の芝居を見に行きました。

一本目はイタリアのカンパニーによる『ウナ・ファミーリャ』という作品。「ある家族」というあたりの意味でしょうか。自分たちが思い描いた理想の家族像に近づくために、必死に「家族」に取り組む親子三人を、狂気じみた凄まじいハイテンションで演じる。フィジカルで見せる側面が強く、いちおう「子ども向け」ということもあってかセリフは少なめ。過剰なかたちで抽象された「生活の風景」を、舞台上の人間が血管ブチ切れそうになりながら繰り返し演じるという行為のバカバカしさに、ぐぐぐっと惹きつけられた。最後には「もう一度、やりなおせるよ」というような意味のセリフが、これまた過剰にくり返される。この行為はそのまま、家族に「もう一度」はない、ということを強調していくのである。

二本目はベトナムの伝統水上人形劇。1000年(!)の歴史を持つ伝統芸能である。座・高円寺でも上演されたようなので、もしかしたら見に行った人もいるかもしれない。野外の特設テントの中には色鮮やかな建物が鎮座し、その前には水が張られている。水には色がつけられていて、水中の様子は観客にはわからない。その水上でめちゃキュートな人形たちが動き、動かす人は舞台裏にいるのか、はたまた水中にいるのか、そのあたりのしくみは伝統の秘伝で、ヴェールにつつまれている。
舞台上で演じられるのは「稲作」「狩猟」「祭祀」から、「性」にいたるまで多種多様。さまざまな生活の様をわかりやすくあらわし、小さな子どもたちが触れる最初の「社会教育」というような役割を担いながら、1000年を生き抜いてきたのであろう。素朴と洗練を併せ持つ舞台に魅了された。
脇にはヴェトナム伝統芸能の楽団がいて、京劇にちょっと似たような感じで舞台を盛り上げるのが楽しい。カーテンコールにはユビ笛の嵐。オキナワだぜ〜!

ともかくこのフェスティバル、異様にレヴェルが高いのである。これまで児童劇をあなどっていたことは否めないが、少なくともこの二本に関しては瞠目した。そこにはすごい世界が拡がっている。他のも見たくなってきたけど時間がないよ〜! 
どの作品も子どもの集中力の持続時間にあわせてか、上演時間は一時間程度。それがまた疲れた体にうれしい。
f0072231_10244191.jpg

[PR]
by enikaita | 2009-08-05 23:59 | 舞台芸術
マナとカナ(沖縄二日目)
f0072231_0115951.jpg
さて、なんで沖縄にいるのかというと、「キジムナー・フェスタ」という児童劇のフェスティバルで、二本の芝居のちょっとしたお手伝いをするためなのです。そのうち一本はイギリス演劇のリーディング公演、『ハンナとハンナ』。皆さんご存じの双子女優、マナとカナが主演です。

テレビのバラエティ番組などでは驚異の「シンクロ率」で、場を盛り上げるお二人ですが、稽古を拝見し、すぐ気づいたのは、「あれ、もしかしたら二人って、それぞれかなり性格が違うかも?」。
そう、テレビのバラエティ番組ではそこんとこはきっと「編集」されてたのです。この二人は、(メディアに要求される)シンクロ「芸」とは全く別の次元で、それぞれ対照的な性格の持ち主。それはおそらく無意識にだと思いますが、二人はこれまで、兄と妹、あるいは姉と弟のような、微妙な役割をそれぞれが担って、関係性を円滑にしてきたのかも。完全に二人が同じ性格で並立していたら、あそこまで気持ちよく「シンクロ」できるのかなあ。ついでに言っておくと、姉のマナが女性的、妹のカナが少年的なポジションなのです。みなさん、テレビでマナとカナを見たらば、チェックしてみてください。ちなみに写真は両方とも、今日の稽古の様子。左が茉奈さんで右が佳奈さんです。

で、『ハンナとハンナ』。たまたま同じ名前のイギリスの下町っ子ハンナと、コソボ難民のハンナの、二人の友情を描いた物語。そう、今回の芝居の役では、この二つの役は双子どころか姉妹ですらないのです。そして二人の性格はマナカナくらい対照的。稽古を見て、いわゆる「あて書き」なのかと思ったくらい。でもこれって翻訳劇なんですよね。

まあともかく、気になった人は沖縄まで足を運んでくださいまし。
えっ? 台風が来てるんですって? 不安だな〜。まあ、本場の台風の迫力を満喫します……。
f0072231_0124573.jpg

[PR]
by enikaita | 2009-08-04 23:59 | 舞台芸術
シアターアーツ39『寛容のオルギア』テクスト掲載号
f0072231_1325939.jpg編集のいろんなお手伝いをしている、国際演劇評論家協会日本センター発行の『シアターアーツ』の最新刊が出ました。

今号の目玉は、26日から彩の国さいたま芸術劇場で上演される、「昆虫記」で有名なアンリ・ファーブルの曾孫であり、ベルギーの変人……もとい、美術家にして舞台演出家、ヤン・ファーブルによる『寛容のオルギア』全文と、ヤンさんのインタビューです。会場で販売しますのでぜひお手にとってみてください。作品理解の助けとなれば幸いです。

近年では、彩の国さいたま芸術劇場が積極的に招聘してますけど、まだまだ過激なパフォーマンスのヤン・ファーブル作品があるらしいですよ〜。聞いた話によると、パリの公立劇場で上演されたコンテンポラリーダンス作品では、女性ダンサーが、舞台上でオシッコしちゃうという場面があったそうです。数年前に日本に上演された『主役の男が女である時』も過激な内容でしたねえ。今回の舞台は、はたしてどんな感じでしょうか。

2005年発行の同誌、ヤン・ファーブルのモノローグ『剽窃王』(日本未上演)の掲載号も会場で販売します。こちらもヤン・ファーブルのファンなら必読ですよ〜!!
[PR]
by enikaita | 2009-06-26 01:35 | 舞台芸術
『転校生』のついでに「シアターアーツ38」はいかが。
f0072231_018971.jpg毎度私が編集のお手伝いをしている、国際演劇評論家協会発行の「シアターアーツ」38号が出てます。

今号の注目記事は、劇作家・演出家の唐十郎さんに自身のルーツを聞いたシンポジウム「唐十郎の劇世界」。

旬なものとしては、昨年は『ムネモパーク』、今年は『カール・マルクス:資本論、第一巻』と、2年連続でびっくりさせてもらったリミニ・プロトコルより、メンバーのうちのヘルガルド・ハウグさんとダニエル・ヴェツェルさんのインタビューが載ってます。『カール・マルクス:資本論、第一巻』がどんなふうにつくられたのか? 今後の作品構想はどんなものなのか? 興味深い内容ですよ!


一般書店では置いてないことが多いけど、池袋駅西口に3月29日まで営業中の「伊藤キムプロデュース・おやじカフェ」で売ってます。「フェスティバル/トーキョー」今年のラスト・ステージである東京芸術劇場の飴屋法水演出・『転校生』観劇のついでに、ちょこっと立ち寄って、お手にとってみてくださいまし。

ちなみにワタクシ、本日『転校生』を見て参りましたが、これはなかなか必見の舞台と思います。確実に1秒ずつ時が過ぎていく中、本物女子高生たちによるカオス的会話から、時々ドキッとするような言葉が飛び出してきて……などと言いつのってもワケがわからないでしょうから、まだチケットを取ってない人は、ともかく当日券に並ぶことをオススメします。
[PR]
by enikaita | 2009-03-27 00:20 | 舞台芸術
ネクストリーム21
ゴールデン・ウィークに開催される「ネクストリーム21」というダンス・コンテスト&ダンス・ショーケースのチラシをつくりました。
f0072231_10344354.jpg

手のひらサイズですが、ジャバラ状になってて広げるといろんな情報が入ってます。イラストもやりました。
f0072231_1035834.jpg
中身はこんな感じ。
ネクストリーム21の情報はこちら
[PR]
by enikaita | 2009-03-15 10:36 | 舞台芸術
韓国現代戯曲ドラマリーディング
f0072231_10574896.jpg今回で4回目の「韓国現代戯曲ドラマリーディング」が、三軒茶屋のシアタートラムで開催中です。
14日14時から鄭福根(チョン・ボックン)さん作の『こんな歌』、15日14時からは呉泰栄(オ・テヨン)さん作の『統一エクスプレス』。
ジミーな企画なんですけど、これまでこのリーディングで試演された作品が本格的な公演にもなってて、なかなか注目されてるイベントなんです。

私は日韓演劇交流の資料がふんだんに入った40ページの「当日パンフレット」と、リーディングに合わせてつくられた「韓国現代戯曲集4」のデザイン・編集・レイアウトを担当。戯曲集の表紙装幀は早田二郎さん。パンフレットは韓国のランマの雰囲気でつくりました。
左写真は13日上演の李ヘジェさん作の『凶家』より。
日韓演劇交流センターHP
f0072231_1058893.jpg

[PR]
by enikaita | 2009-03-14 11:00 | 舞台芸術
そこはパラダイス!
f0072231_23321695.jpgおばあちゃんの原宿、巣鴨の地蔵通りをひたすらに行くと、そこにあるのはなんと……「天国」!!!

あ、巣鴨が大好きなおばあちゃんたちが、ウロウロしているうちにいつしかあの世に辿り着いてしまう、というような不謹慎な意味ではありませんよ! 
「天国」というのは外観もすてきなパチンコ屋さんの名前です(写真/レトロを強調しようとして、ちょっと画像加工をやりすぎましたね、こりゃ)。
このパチンコ屋さん、Wikipediaにも記載があるくらいの、知る人ぞ知る有名店。わたしはあまり詳しくないんですけど、店内のパチンコ台までレトロで、マニアックなパチンコファンの聖地なのだそうです。一部ではそのままパチンコ博物館にするべきだ、というような意見もあるようです。ただ最近は、パチンコ店経営をめぐる法律が変わってきて、台には更新制の許認可が必要になったらしく、あまり古い台は置けなくなってきてるらしい。まあ、ギャンブルですからね。そのせいか、「パチンコ天国」には似合わない「最新型入替」の張り紙が。

さて、なんで巣鴨の奥の方に行ったのかというと、それはロメオ・カステルッチの『Hey Girl!』を観るため。
特にストーリーとかは全然なくて、象徴的な場面が点在しているような構成。
『ロミオとジュリエット』のテクストが投影される中、奴隷黒人少女と現代イタリア娘の、二人の少女の時空を隔てるガラスがドドーンと割れて、時空を飛び越え二人が手を取り合い、ジュリエットを含めて3人の少女が共振しあう場面はぐぐっと来たけど(そういう場面だと思ったのはわたしだけかも?)、レーザー光線とか、デカイ音とか、マクラ持った人がいっぱい出てくるのとか、提示されたイメージのその先に進まない感じがもどかしい。

Nikon D40 + Ai35mmf1.4s /Photoshopでテキトーに加工
[PR]
by enikaita | 2009-03-12 23:32 | 舞台芸術
馬に演技を学ぶ〜ジンガロ『バトゥータ』
またも馬のパリッとした身体を見たくなり、今度は騎馬スペクタクルを見に木場へ行く。……とまずシャレをかましたところで、ジンガロがまた日本に参上しました! うおーっ!(興奮)

競馬場の入場券が、一枚200円だからえーと……関東の中央競馬全開催を、ジンガロのSSチケット1枚の値段で、年間通しで見に行けるのか! じゃあパリッとした馬の身体を見たいだけなら競馬場に行けばいいじゃん、ということなのだが、チケット価格の高さをすっかり忘れ、むしろこの値段では安いのではと思ってしまうほどの充実した公演! 終わった直後に「もう一回見せろ!」と主催者に詰め寄りたくなったのは、ピナ・バウシュの『春の祭典』を見た時以来ですわ。

何年か前に『ルンタ』という演目で来日公演をして以来のジンガロ日本公演。前回『ルンタ』での、チベット密教の坊さんによる聲明から一転、今回は主宰者バルタバスのルーツであるロマ音楽を多用するにぎやかな構成。

開幕15分前、ようやく開場。客席がぐるりとかこんだ円形のコロシアムのど真ん中にはどどーっと滝が流れていて、お馬さんたちはまるで絵画のようにストップモーション。開演すると、両サイドに陣取った「ファンファーレ・チョカリーア」風ブラス系ジプシーバンドと、「タラフ・ドゥ・ハイドゥークス」風ストリング系ジプシーバンドが、すさまじい演奏合戦! この演奏だけでもう本当に大満足。こんなゼイタクな構成ってありえないですよ! 

やがて馬たちはひとりでに動き出し、グルグルとスタジアムを周回した後一旦退場。あとはもう、畳みかけるような音楽に乗って、強烈なオーラを放つ美しい馬たちと、超セクスィーな人間たちによる、曲芸の数々がおしげもなく披露されまくる。途中、いくつかの曲芸がうまくいかなかったことがあってむしろ、本当にギリギリの曲芸をやっているのだと、いたく感動。

途中、クストリッツァ的、ヤン・シュヴァンクマイエル的、「タクシデルミア」的なモチーフも散見され、東欧好き、ロマ好きには本当にタマラン。前回のジンガロ『ルンタ』が静謐さを重視していた演目だけに、そのギャップにも驚かされる。

そして、あっという間に舞台も後半、白い裸馬たちがコロシアムに集合、それぞれ思い思いに水浴びをしたり、ゴロリと寝ころんだりしてリラックスしてたんだけど、やがて人の先導でゾロゾロと去っていく、という、旅立ちを想起させる叙情的な場面。私が見た時にはそこで一頭の馬だけが残ってしまった。……いや、ハプニングとして残ってしまったというのではなく、おそらくそういうルーティンなんじゃないかなと思うんだけど、舞台上にはその馬以外に他に誘導する人がいるわけでもない、もしルーティンだとしたら、その馬が演技をしてるってことだよねえ。

さて、その馬、他の馬たちが去っていった方を気にしつつも、ゴロゴロと砂浴びにふけるマイペースぶり。また気にしてはゴロゴロ。プルプルと身体についた砂を払って、やがてなにかを決意したのか、「さて、行くか……」という感じで去った馬たちを追いかけていく……。ほんの2分くらいだったと思うんだけど、この場面で泣きそうになった。もう一度見たい〜っ! だって、馬は当然喋れないから、いわば背中で演技をしていたわけなんだけど、馬の考えてることが観てる側にしっかりと伝わってきて、でもって、取り残されたその馬と自分とが、妙にシンクロしちゃったんだもん。

人間の俳優だってなかなかこんな気持ちにさせてはくれません。それなのにスタニスラフスキーも真っ青の迫真のリアリズムで迫ってきたお馬さんの演技! ここまで語っといて、やっぱりただのハプニングなのかも。でもそれでもいいんです。演技とは本来、ハプニングであるべきものなんだから。

ジンガロ公式サイト
[PR]
by enikaita | 2009-02-09 01:10 | 舞台芸術


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧