「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:ムカシの映画 ( 2 ) タグの人気記事
スーパーの女
f0072231_136222.jpg
黒澤明の『酔いどれ天使』を借りたついでに、「同時上映」といたしまして、西荻のRENTAL-SHIPで借りたのが伊丹十三監督の『スーパーの女』。たいていいつも、2本借りることにしてます。

『スーパーの女』は、普段はわからないスーパーの裏側を描く。落ち目のスーパーマーケット「正直屋」に主婦目線の助っ人アドバイザー(宮本信子)があらわれ、精肉部の職人で食肉偽装のプロ(六平直政)や、鮮魚部の頑固職人(高橋長英)らをとっちめつつ、ラベル張り替えや、賞味期限切れ商品の扱いなどを改善して、健全なスーパーにしていく、というお話。約10年前の大ヒット映画である。

それにしても、なんで、10年前にこんな大ヒット映画があったのにもかかわらず、いまさら「あんな事件」や「こんな事件」が発覚してるんだろう、と見終わった後に首をかしげつつ、伊丹十三の嗅覚の鋭さに驚く。「あんな事件」や「こんな事件」というのは言うまでもなく、ミートホープに代表される「創意工夫」という名の食肉偽装やら、野菜の生産地偽装、混ざり米、はたまた赤福の消費期限ラベル張り替え等々、ここ数年ようやく糾弾されはじめた食品に関する各種事件のこと。

これ、ほとんどが『スーパーの女』に出てきますよ! 伊丹十三が早すぎたのか、それとも世間が遅すぎるのか。ともかく、ようやく時代が伊丹十三に追いついてきた、ということだけは間違いない。
あるいはおそらく当時はこの映画を、「エンターテインメントな娯楽映画」としてしか認識してなかったのかも。デコトラのカーチェイスなんて破天荒でエンターテインメントですからねえ。でも今見たら、これはタダの娯楽映画ではないことは明白。

ビデオ屋の隅っこで日焼けした背表紙をさらしながら、ほとんど消費されつくしたかのように時を過ごしていた映画が、10年の雌伏の時間を経て、今を鮮やかに照らしだす。あの世の伊丹十三が、頬杖をつきながらこの時代をながめ、「ほらネ、言ったとおりでしょ」と笑っている姿が目に浮かぶ。
[PR]
by enikaita | 2008-11-28 01:38 | 映画
酔いどれ天使
黒澤明の映画『酔いどれ天使』を観た。
なんでこの映画を観たのかというと、知り合いの演劇評論家で、最近は「江森盛夫の演劇袋」(エキサイトリンク参照)というブログを始めた、1930年代生まれの江森盛夫さんが、子役で出演しているというのを小耳に挟んだからだ。
江森さんはずっと、雑誌「噂の真相」に劇評記事を書いてた人でして、小さい頃は日本近代演劇のメッカ「築地小劇場」の舞台に立った経験もある。そんなコロボックルのような江森さんの子役時代を黒澤映画で観られるってんだから……って、知らない人には全然関係ない話題ですいません。

上石神井のツタヤに行ってみたら、8月閉店だって? 全然気づかなかったよ。仕方ないので西荻に戻り、ついにレンタルビデオの殿堂「レンタル・シップ」さんの会員に。DVDではなくVHSを借りたのも久しぶり。「レンタル・シップ」の会員証を手に、これでようやく本格的な「西荻びと」になったような気分。それにしてもレンタル・シップ、店の奥が深くなってるのね。全然気づかなかったよ。

さて、戦後すぐの闇市のような風景を舞台に、結核を患ったやくざ(三船敏郎)と、飲んだくれで怒りっぽいが実は情に厚い貧乏医者(志村喬)の交流を軸に、なんやかんやあって……と、いまさらこの名画についての説明は省く。医者の「日本人というのはすぐ死にたがる、自分が犠牲になりたがるからイカン」みたいなセリフで、この映画のテーマみたいなもんがすごく明快に提示される。公開は1948年、「とにかく生きろ」の精神が、ホントに身に沁みる世相だったのだろう。
で、メインのストーリーと全く関係なく、「ジャングル・ブギ」を歌う笠置シヅ子が挿入される。これがものすごいインパクト。こういうぶっとんだ場面をつっこむ、さすがは世界のクロサワ。

最初の方の場面、泥水の中で遊んでる子供たちが出てくる。医者がそこに駆け寄り「こんなキタナイ水を飲んだらイカンぞ!」と子供を叱ることで、医者の人柄をオーディエンスに了解させるという場面なんだけど、そこで叱られ、「テヘッ」と笑顔になるのがおそらく江森さんだろう。

もうビデオカメラが普及してからだいぶ経ってますから、子供の頃の映像が残ってる人も多いんでしょうけど、私なんか皆無ですよ〜。なのに1930年代生まれの江森さんにはそれがあって、しかも撮ったのが世界のクロサワですか! 軽い嫉妬を覚えた秋の夜長でした。
[PR]
by enikaita | 2008-11-20 22:10 | 映画


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧