「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
劇団俳優座『三人姉妹』
f0072231_23104577.jpg
現在上演中、劇団俳優座『三人姉妹』のちらしを作りました。
『三人姉妹』はチェーホフの名作戯曲。戦後すぐに上演されたチェーホフ『桜の園』以来、日本の演劇において特に重要な位置を占めてきたのがチェーホフの四大戯曲です。そして、新劇の大ボス・俳優座がやるチェーホフといったら、そりゃもういわずもがなのド本流ですよ。「ケレン味」とか「脱構築」とか、まあなんでもいいですが、あんまり突拍子もないことはできないでしょう。それなのに、私にちらし製作のお声をかけてくださったという不思議。

よく聞いてみたら、一階の「俳優座劇場」のほうではなく、5Fの稽古場(以前はラボと言われていました)での公演なのだそうです。こちらなら「実験室」ですから、いわゆる新劇流の正統派チェーホフ劇でなくとも上演できますね。
チラシ用にいただいたキャスト写真を見て仰天。三人姉妹は20代の姉妹のはずなのに、出演の女優さんのほとんどが、20代よりもう少し……いやだいぶ歳上なのであります。もちろんここに仕掛けがございまして、演劇っていうものは映画と違って、そういうムチャな設定をもいともたやすく乗り越えていくのであります。これは見てのお楽しみ。

打ち合わせ時の雑談で、昔話をお聞きしました。翻訳劇の上演の際には、リアルさを追求するということでかつては「つけ鼻」をつけていたそうなんですけど、その「つけ鼻」をめぐるエピソードなど、抱腹絶倒でした。新劇の芸談をまとめた本を誰かつくってくれないかなあ。手さぐりで西洋の演劇を取り入れていく過程での勘違いや独自解釈など、かなりおもしろいですよ。証言者がまだ生きてる今がチャンスだよなあ。

劇団俳優座No.316 『三人姉妹』 
[PR]
by enikaita | 2013-09-19 23:47 | 舞台芸術
ソトコト10月号
西荻案内所の活動が、雑誌「ソトコト」の10月号にでっかく扱われています。いや〜びっくり。記事のさわりはウェブでも読むことができます。同コーナーの過去のゲストには、ジェーン・バーキンやモハメド・アリ、水木しげる先生に、現代美術のクリストなど、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。
そこになぜか、西荻案内所。このでっかい扱いにつりあいが取れるような活動を、地道にやっていきたいなあと、あらためて思うのでした。文は岡田カーヤさん、写真は阿部雄介さんです。

http://www.sotokoto.net/jp/

[PR]
by enikaita | 2013-09-12 02:07 | 西荻


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧