「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
リーディングフェスタ2012 戯曲に乾杯!
f0072231_23473417.jpg
日本劇作家協会のイベント「リーディングフェスタ2012 戯曲に乾杯!」のちらしをつくりました。
別役実さん監修によるコント研修課の発表に、新人戯曲賞候補作のリーディングと公開審査などです。宮沢章夫さんの『ヒネミの商人』のリーディングは、竹下景子さんやキムラ緑子さんなど、豪華キャスト陣がそろっています。

作成前のミーティングでは、「お祭り感を出してほしい」というご提案で、すぐさま思いついたのはちょうちん太鼓。でもどうやらそういうテイストは担当さんのお気に召さなかったらしい。考えあぐねていたところ、その担当さんから、「キャッチコピーが決まりました」との連絡が。

「書くのは休んで、今日は語ろう」

さすが言葉を司るマジシャンたちが集う天下の日本劇作家協会だけあって、簡潔でわかりやすく広がりがあるキャッチコピー。パパパっとイメージがふくらみまして、フキダシいっぱいの表紙になりました。お祭り感が出たかしら。

リーディングフェスタ2012
戯曲に乾杯!

12月8日(土)9日(日)
こちら
[PR]
by enikaita | 2012-11-20 00:20 | 舞台芸術
海を越えた演出家たち 演出家の仕事4
f0072231_23223480.jpg
こんな本ができました。『海を越えた演出家たち 演出家の仕事4』。日本演出者協会が発行するシリーズで、今回は演劇評論家の村井健さんが全面協力しています。ちょっと時間がかかってしまいましたが、ようやく形になりました。

近代演劇が日本で本格的に導入された時代を中心に、主に海外で修行して、日本に戻ってきた演劇人たちを紹介しています。川上音二郎を皮切りに、島村抱月、松居松葉、土方与志、小山内薫、千田是也、などですね。海外に渡って日本に戻らず、メキシコで活躍した佐野碩、戻れないままソ連で殺された杉本良吉も出てきます。
先人たちの試行錯誤の過程は、演劇人必読と思います。

表紙の写真は皆さんご存知(?)、築地小劇場のこけら落とし、洋行帰りの土方与志による成果の一つゲーリング『海戦』です。最近では、やなぎみわさんが『1924 海戦』という舞台で、この写真のシーンを劇中劇としてそのまま再現したのが記憶に新しいです。やなぎさんの舞台では、メイエルホリドのビオメハニカに基いた俳優さんの動きがとっても奇っ怪で、正直なじめないものでしたが、「当時はこんなことをやっていたのか!」と驚きました。たしかにこの写真、よくよく見れば、なんとも不自然ですものね。
[PR]
by enikaita | 2012-11-17 23:46 | 舞台芸術
安藤久蔵さん連続講演会第5回はそろそろ定員
f0072231_14155794.jpg
珈琲豆卸アロマ・フレッシュを経営されている西荻の宝、明治生まれの101歳、安藤久蔵さんの講演会も、5回目となりました。毎回おかげさまで満員御礼となっております。
今回は、二つの戦争を生き抜いた安藤さんが、捕虜となっていたジョホールの収容所から、ようやく釈放されて佐世保港に帰ってきたところからのお話です。

11月21日(水)。
まだわずかに残席あります。早い者勝ちですので、チラシ画像の連絡先にお申込みくださいませ(画像クリックで拡大します)。
[PR]
by enikaita | 2012-11-06 14:22 | 西荻
シアターアーツ52 2012秋号できました
f0072231_239569.jpg
表紙のデザイン・表紙写真の撮影・中のレイアウト・写真等々、いろいろやっている演劇批評雑誌「シアターアーツ」の最新号(52・2012秋)ができました。

今回の目玉は特集「公共劇場のあゆみ」。国立劇場演劇の芸術監督・宮田慶子さん、世田谷パブリックシアターの芸術監督・野村萬斎さん、静岡県舞台芸術センターの芸術総監督・宮城聰さん、それぞれ、開場15周年を迎えた公共劇場の芸術監督へのインタビューです。中のインタビュー写真はワタシが撮りました。

3人へのインタビューをチラ聞きしながら個人的には、宮城聰さんがおっしゃっていた「地域の文化的アイデンティティ」のお話を興味深く聞きました。それぞれの土地柄に根ざした産業や独特な食習慣が、観光資源としてもてはやされている昨今ですが、日本国内においては地域差なんてものは実はほとんどない、というようなお話。たしかに日本は、どこまで行っても田んぼばかりですものね。アーティストの役割、公共劇場の役割はそういうものを超越してつくっていくことなのだ、というようなお話だったかと思います。

掲載戯曲はマレビトの会『アンティゴネーへの旅の記録とその上演』。フェスティバル/トーキョーのプログラムとして、これから上演される作品ですから、観劇前にチェックされるのはいかがでしょう。

表紙の写真、今回もかわいいですよ〜。撮影は静岡県舞台芸術公園内にある楕円堂の前で行いました。当日はあいにくの雨でしたが、前号の撮影の時も雨だったんですよね。次号撮影の時はテルテル坊主を吊るす予定。

[第三次]シアターアーツ52 2012秋
http://theatrearts.activist.jp/
[PR]
by enikaita | 2012-11-01 23:15 | 舞台芸術


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧