「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
志の輔らくごin ACT「中村仲蔵」
f0072231_18754100.jpg
立川志の輔師匠の人気公演、「志の輔らくご」のちらしをつくりました。
落語はあらかじめ演目を出さないのが通例のようですが、今回は、ちらしをご覧になればおわかりのように、どどーんと「中村仲蔵」です。

先日、小金井のホールで開催された「志の輔らくご」を拝見しました。その際に志の輔師匠がマクラでおっしゃっていた話からデザインのヒントを得ました。それはホールと寄席の違いについてのお話でした。

通常、落語は寄席で行われます。100人かそのくらいの客を相手に、演者は客席よりも高い位置(文字どおり「高座」です)にいて芸をする。いっぽう「志の輔らくご」は、ホールで行われます。ホールは場所によっては1000人以上を収容し(今回のACTホールもそうです)、客席は舞台よりもはるかにせり上がっている。そこで一人、語りのみによって場を成立させねばならぬ緊張感は、凄まじいものと思いますが、そこのところはひとまず置いといて、寄席とホールには、そういう根本的な違いがあるということは、ガッテンしていただけましたでしょうか。

チラシに演目を入れてください、というのには少々驚いたのですが、敢えてあらかじめ演目を知らせてしまう、ということにはおそらく、「寄席ではなくホールで行われる落語」への、志の輔師匠の特別な思い入れがあるのだなと感じました。

落語には長い年月を経て洗練されたいわゆる「寄席文字」というものがあります。でも今回は、寄席文字はあわないだろうなーと、漠然と思っていて、とはいえ、一般的に使用されているようなフォント(明朝やゴシック)にしたところで、いまひとつ特徴を捉えきれない。この際、寄席文字に代わる新しい書体……なんと命名したらいいかわからないのですが、ホール寄席文字、といいますか、志の輔らくご文字といいますか、寄席文字のようで寄席文字でない、すこし寄席文字っぽい書体……どこかの辣油のようになってしまいましたが……そういうのをこしらえてしまえ! というプランを思いついたわけです。

本来筆で書かれる寄席文字の、筆の感触をちょっとだけ大事にしながら、文字をおこしました。「村」の字の点のみが赤いのは、「中村仲蔵」の話の中に出てくる「朱鞘」のイメージです。

今回は、たゆまぬ努力と工夫で歌舞伎界をのぼりつめた中村仲蔵丈と、1000人の聴衆を相手に連日観客をわかし続ける立川志の輔師匠に、いい勉強をさせていただいたなあ、と思っております。
[PR]
by enikaita | 2012-10-24 19:16 | 舞台芸術
安藤久蔵さん連続講演会第4回は満員御礼!
f0072231_2374835.jpg
7月から始まった「西荻のフォレスト・ガンプ、安藤久蔵さん連続講演会」明日で4回目となります。ブログでの大変告知が遅れましたが、実はすでに満員御礼となっており、募集を締めきっております。

前回9月は、大学を卒業した安藤さんが、いったん大手商社に就職するも、肌に合わず会社を辞め、召集されて中国大陸へ向かうところまでのお話でした。今回は日中戦争のころのお話を中心にうかがうことになります。
太平洋戦争ならともかく、日中戦争のことを語る人は、もうそんなにたくさんはいらっしゃらないと思います。なにぶん戦争の話ですから、今回はいろいろとシビアな内容になりそうです。どんな話でもたんたんと語る安藤さんの姿にいつも、明治人の気概を感じ、背筋の伸びる思いです。

先にお知らせしておくと、第5回の講演会は11月21日(水)。そちらは現在(10/16)、予約を受け付けております。上記チラシ画像をクリックして拡大し、メールまたはお電話でお早めにご予約くださいませ。
[PR]
by enikaita | 2012-10-16 23:24 | 西荻


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧