「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
シアターアーツ45 2010冬 表紙写真ボツ写真集
f0072231_121340.jpg
毎度恒例のシアターアーツ表紙写真ボツ写真集。岐阜県中津川市にある築120年の芝居小屋「常盤座」です。上の写真は表紙で使ったものです。左下の青い服の女の子がいい感じ。
f0072231_133782.jpg
ちょうど現地に着いた時は、常盤座の向かいにある常磐神社(正確に言うと、芝居小屋が神社の境内にあるのですが)の中庭で、地元の子どもたちによる『人魚姫』の開演直前。地元の人が集まってきていました。神社も含めたこの空間は、もうとっくにどこかに失われてしまったはずの懐かしい空気を漂わせています。なので今回は、ちょっとノスタルジック調にしてみました。
f0072231_17339.jpg
神社奥の方から見た常盤座です。
f0072231_1111472.jpg
この写真はお気に入りの一枚。『人魚姫』のラストで、魔女がどどーんと前に出てきたところです。左奥が常盤座。劇場より舞台のほうがメインになってしまっているので、やむなくボツにしました。
[PR]
by enikaita | 2010-12-29 23:59 | カメラ・写真
[第三次]シアターアーツ45 2010冬
f0072231_1306100.jpg
[第三次]シアターアーツ45 2010冬号ができ上がりました。

特集は「世界演劇のただ中へ」。巻頭は川村毅さんと西堂行人氏の対談。「80年代はスカじゃなかった」という熱い内容のトークです。
それから、ドイツの研究者ハンス=ティース・レーマンが提唱し、現代演劇のキーワードともなっている「ポストドラマ演劇」を検証する座談会など。

で、なんといっても今号の目玉は注目戯曲2本掲載の超特大号となっていることです。
ひとつはイキウメの前川知大さん作『図書館的人生 Vol.3 食べもの連鎖』。現在大注目の前川さん、雑誌等の媒体での戯曲掲載は今回で2回目とのこと。ちなみに『図書館的人生Vol.2』は2008年の「悲劇喜劇」で読めるようですよ。
もう一本は演劇ユニットてがみ座の長田育恵さん作『乱歩の恋文』。こちらの公演を観劇した複数の編集部員が猛プッシュし、戯曲掲載が決定したという話題作です。

というわけで、厚くなりすぎていつもの発送用の封筒に入らないという不測の事態もなんとか乗り越え、定期購読のみなさまおよび関係各位のみなさまへむけての発送作業は終了しました。ただ、年末にかかってしまったため、みなさまへの年内到着はかなりビミョーなようです。ごめんなさい。

表紙の写真は岐阜県中津川の芝居小屋「常盤座」です。秋に行った時に撮った写真です。まあ、こちらの詳細は明日にでも。

[第三次]シアターアーツHP
[PR]
by enikaita | 2010-12-28 13:30 | 舞台芸術
アゴタ・クリストフ『道路』のチラシ
f0072231_23513733.jpgあの名作文学『悪童日記』の作者であるアゴタ・クリストフが書いた一幕物芝居が本邦初上演(たぶん)。地球のあらゆる場所が道路になっちゃったという未来を描いた寓話です。いつものご報告で恐縮なんですけど、チラシをつくりました。

高速道路のインターチェンジをイメージしてみました。遠目に見ると「道路」って字になってるんですけど、わかります? 

f0072231_0112539.jpgこれ実は、「名神高速道路開通記念」の記念切手にヒントを得たんですよ。いや〜小学生時代の切手収集趣味が役に立ったなあ。


日本劇団協議会主催 次世代を担う演劇人育成公演
東京演劇アンサンブル制作
道路 La Route


アゴタ・クリストフ=作 堀茂樹=訳 三由寛子=演出
2011年2月11日(金)〜20日(日)
ブレヒトの芝居小屋(西武新宿線・武蔵関駅下車徒歩7分)
詳細はこちらです
[PR]
by enikaita | 2010-12-23 00:19 | 舞台芸術
ミュージカル 『ゴール』のパンフレット
f0072231_114816.jpgミュージカル『Annie』日本版の演出でも知られる篠崎光正さんが率いる「電劇」のミュージカル、『ゴール』の販売パンフレットをつくりました。トルストイの短編を原作にした、名馬ホルストメールの物語です。


善福寺ジョナサンで深夜の打ち合わせ。「こんなチラシなんですけどね」と、シノザキ氏に渡された公演チラシの絵はなんと、金子國義大センセイではないですか! こちとらかなり恐縮だったのですが、「表紙はにしてください。あとはおまかせしますよ」とのことでひと安心。
赤い表紙はゴールに向かって馬群が駆け抜けていくのをイメージしました。

本日開演。開演前、劇場で前の席に座ってた人がちょうどパンフをながめてたので、ちょっと観察。私がこっそり入れたギャグに気付いてくれたみたいです。ふふふ。

思えばミュージカルってひさびさに観ました。いや〜ミュージカルって……いいもんですねえ、というのが、率直な感想。純粋に楽しみました。

f0072231_1131551.jpg

電劇公演 ミュージカル『ゴール』
俳優座劇場(東京・六本木)
2010年12月16日(木)~19日(日)

公演の詳細はこちらです
[PR]
by enikaita | 2010-12-16 23:55 | 舞台芸術
サパナさんが立川駅で出店中。
f0072231_16553417.jpg
創刊時から西荻丼で活躍、今も時々レイアウトやイラストを担当しているしもまさんが、SAPANAというブランド名で、立川駅南口e-cute(エキュートと読むそうです)で、臨時ショップを出してます。25日まで。南改札を出てすぐの、「tamatebaco」というイベントスペース。人通りが一番多いあたりなので、すぐわかりますよ。

ポストカードやメッセージカード、冷蔵庫に貼れるような大きいサイズのステッカーのほか、カード入れなども(上の写真)。名刺入れはいつも持ち歩くから、以前から愛着の沸きそうなしっかりしたものがほしかったんですよ。というわけでコンブ柄を入手しました。外面のイラストと、内面に張られた布のコーディネートがいい感じです。贈り物なんかにもいいんじゃないかな。

f0072231_17301195.jpg
こっちも気になったアイテム。指の出てる手袋です。「一日中パソコン作業だと手が冷えるんだよね〜」 冬の必需品ですな。

それにしても立川駅、だいぶ変わっちゃったねえ。改札そばの休憩スペースにはちょっとリアル顔のタヌキがいましたよ。なぜかしっぽが魚になってます。ファンタジ〜。タヌキを見ると反射的に写真を撮ってしまう私であります。
f0072231_17353310.jpg

[PR]
by enikaita | 2010-12-15 17:51 | 西荻
コルブス・オイリュトミー・パフォーマンス『血と雪』
たまには最近作ったダンスのチラシの話でも。
以前に『プサルム』のチラシ制作でお世話になったオイリュトミーユニット「コルブス」の鯨井さんと定方さんが、3月に新作を上演とのことで、またチラシをつくらせてもらいました。
f0072231_0462386.jpg

タイトルは『血と雪』。

ならばよっしゃ、と筆をとりサラサラと書いたのがこの字です……って言いたいけど、さすがにそれはムリ。ここはやっぱり偉〜いセンセイにご登場いただきましょう。上の字が「血」、下の字が「雪」なのはわかりますよね。こちらの字は中国・初唐の書家、孫過庭という人の書をもとにしています。王羲之の技法を継承した草書の名人なんですって。

ちょっと画像だと分かりにくいけど、筆書きのところや日時の数字などには銀を使いました。ゴージャス〜。そんでもって、筆書きの「血」と「雪」のあいだの字と、下のコピー「菊の笑い 刀の悲しみ」の字、ちょっと見慣れないフォントを使いました。MacOSX同梱の中国語フォントと韓国語フォント。これらのフォントには、日本語の文字セットが入っていて、文字のバランスが、正しい日本語フォントではありえないくらいに悪いんです。それがかなりブキミな魅力を放つんですよ。ほら、輸入物の食料品の品質表示とかでときどき「ラーメソ」とかあるでしょ。あのブキミさ。
f0072231_121384.jpg
オモテ面がシンプルなので、ウラ面は赤紫と黄緑。浮かび上がっている二人が、鯨井さんと定方さん。

前回の『プサルム』は、「二人ともこのまま死ぬんじゃなかろうか?」と思うほどの鬼気迫る舞台で、あっけにとられました。今回も期待です!

CORVUS Eurythmie Performance
コルヴス・オイリュトミー・パフォーマンス
『血と雪』


2011年3月12日 [土] 19時半開演 13日 [日] 17時開演
中野テルプシコール
構成・演出・オイリュトミー=CORVUS(鯨井謙太郒+定方まこと)
宣伝美術=奥秋圭 宣伝写真=神山貞次郎
公演詳細はこちら
[PR]
by enikaita | 2010-12-12 23:59 | 舞台芸術
善福寺公園のいちかくん
f0072231_11255187.jpg

善福寺公園にやってきたいちかくん。服の配色が冬枯れの公園にマッチしてますねえ。

f0072231_11271777.jpg

さっそく見つけた砂場で、「土木事業」に従事するいちかくんです。

f0072231_11285464.jpg
すべり台の階段をタタタッと登っていったいちかくん。すべるのかなと思いきやなぜか、登った階段をもう一度引き返そうとしています。「なんで〜? すべらないの」と聞いたら「こわいから」だって。も〜、それじゃあすべり台にならないじゃん。意外と慎重派だなあ。よっしゃならば、とカメラのおっちゃんが一緒にすべることに。ほら、こわくないでしょ。「男の遊び」を一つ教えてやりましたがな(笑)。

Nikon F4s Ai 35mm F1.4s KODAK EBX
[PR]
by enikaita | 2010-12-10 11:46 | カメラ・写真
もちつき大会
毎年恒例、大家さん主催によるマンションのもちつき大会。杉並区の重要無形民俗文化財です(嘘)。私のもちつき人生はこのマンションに入ってから始まりました。いろいろな決め事があります。4人で搗くときはかならず左回り。時計回りは「どろぼうまわり」だそうです。理由はよくわかりませんが。

詳細な報告は「きょうの縫い目」のほうにまかせるとして、わたしのほうは、ちょっと写真でもUPしますかね。

f0072231_11553118.jpg
通りすがりのヤクルトの「おねえさん」から買ったジョアを片手に、はんてんと帽子を颯爽と着こなしているのは、一つ前のエントリーにも登場したいちかくん
f0072231_12372797.jpg

こっちのエントリーに出てきたりこちゃんもはんてんとジョアで登場。二人とも遊びに来てくれたんですよ。

いちかくんはママのカメラを借りて撮影中。
f0072231_1238103.jpg
……って、ちょっ、そ、そのカメラ、RICOHの最新機種「GXR」じゃないですか! なんとも斬新なかまえ方で、ハラハラします。

このあといちかくんと私は、善福寺公園へ。(たぶんつづく)
[PR]
by enikaita | 2010-12-09 14:06 | カメラ・写真
オハリコフジヲの冬じたく 最終日
f0072231_873375.jpg
もう先週のことになりましたが、「オハリコフジヲの冬じたく」、完了しました。報告は「きょうの縫い目」のほうにまかせるとして、私はワークショップ中に1時間ほどあずかったお子さんたちの観察記でも。

写真のいちかくんはママの帰りを待ってるところです。待つ子たちの態度はそれぞれで、とっても興味深いのですよ。いちかくんは適度に体を動かして発散させていくタイプ。よくがんばったね。
f0072231_8131523.jpg
窓の外を眺めて「ママは〜?」なんて言われちゃうとね、ぐっときますわ。

30分以上も泣きつづけ、私にしがみついていた子はやがて、「あれはなあに?」という質問をしまくる作戦に変更したもよう。そうやって次第に、ママが出ていったドアの方へ、私を誘導していこうとしているのです。なかなかの智謀ですが、こっちはお見通しなのよ。

で、気づいたのですが、どうもこれには「勝敗」があるようです。お母さんが帰ってきた時、子どもが「ママ〜!」と抱きついたらこっちの負け。そうではなくって「もう帰ってきたの」という感じで、平気で遊んでるようだったらこちらの勝利です。お母さんたちは「ママ〜!」をちょっぴり期待して戻ってくるわけですから、こちらが「勝利」した時は、ちょっとくやしそうでしたね。

f0072231_8375484.jpg
この広さの場所だと、男子には90分が限界かな。だいたいの遊びに飽きて、ついには私のカメラを使わせてくれとねだったいちかくんが撮った一枚。ゼツミョーな見切れ方の写真なのでブログに採用しました。さすが3歳、視点が低いね〜。男子はやっぱりメカ好きですな。
[PR]
by enikaita | 2010-12-08 08:45 | オハリコフジヲ


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧