「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
未来の廃墟、押し上げ中。
f0072231_11304418.jpg
押上駅は改装中で、今は工事現場のど真ん中。
駅を出て振り返れば、異様な威容でせまるのが、東京スカイツリー。
これから倍の高さになるんだってさ。
こうしてまた東京に、廃墟のような新しい街ができるのだった。

こちらはすでに廃墟の様相となった六本木の物件。
f0072231_11314876.jpg
Nikon D40 + SIGMA18-50mm F2.8 EX DC MACRO /HSM
[PR]
by enikaita | 2010-02-27 11:33 | カメラ・写真
肉 ま ん
うまそうな肉まんを目の前にすると、写真が撮りたくなります。

f0072231_23512011.jpg
Nikon D40 + SIGMA18-50mm F2.8 EX DC MACRO /HSM
この豚まんは大阪の名店、551蓬莱。背後に控えるのは、最近お気に入りの巨大カップです。

f0072231_23531058.jpg
Nikon D700 + AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G

こちらの肉まんは神楽坂五十番。
借り物のフルサイズボディ+高級レンズで撮影するも、近寄りすぎて湯気でくもったのだった。
[PR]
by enikaita | 2010-02-17 00:04 | カメラ・写真
かささぎ。
かささぎの 渡せる橋に
おく霜の 白きをみれば
夜ぞふけにける
中納言家持
f0072231_2152780.jpg
Rolleiflex 3.5F KODAK PORTRA 400VC

カササギという鳥は、百人一首のこの歌があるゆえに、とってもよく知られています。「かささぎの渡せる橋」というのは、中国の七夕伝説にちなみます。7月7日に天の川に橋を架けるのが鵲。転じてここでは、宮中の階(きざはし)を意味するそうです。階に降りた霜が白いのを見ながら、夜が更けていく、という歌です。でも、かささぎがどんな鳥か、わかってる人ってたぶん少ないでしょう。この歌を詠んだ家持も、たぶん知らなかったに違いない。

なぜならかささぎは、ほとんど日本にいない鳥なんです。佐賀県あたりだけにちょっとだけ棲む天然記念物。ようするに今で言えば、フランスに行ったことのないソムリエが赤ワインの色を評して、「ブルゴーニュの夕陽のようだ」とか言っちゃう感じでしょうか。家持は知ったかぶりなんですね(ちなみに、実はこの歌は、家持の作ではないというのが有力ですが)。でもソウルあたりではカラスよりメジャーで、そこら中にウジャウジャ。1月下旬はまだまだ寒いですが、巣づくりが始まる季節だそうです。街の様相は(言葉以外)ほとんど日本と一緒なのに、大陸の鳥が飛んでいました。
[PR]
by enikaita | 2010-02-05 23:59 | コラム
西南西に進路をとれ!
あのねえ、あたしの故郷では「恵方巻」なんて風習はありませんよ。それをなんで最近になって、しかも特にコンビニあたりが積極的に大合唱するのか。あたしゃバカじゃないですからね、そういう資本の思惑には乗らないのよ。

バレンタインデーとか、ホワイトデーとかもそうだけど、どうせどっかの企業が始めたんでしょ。Wikipediaで「恵方巻」を検索してみてよ。ぜったいそうだから。ほら、やっぱり! さらに言わせてもらうと、こういうローカル文化がメジャーになることで、各地に存在するマイナー文化が一気に駆逐されるわけ。これってグローバリズムというか、グローカリズムというか。ようするに「よさこいソーラン」と同じ構造でしょ。あたしゃキライなんだよね、「よさこいソーラン」。

えっ? 西南西はどっちの方角かって? そんなものは方位磁石を使えば一発よ! それにしてもこの磁石、山登りを始めて以来ずっと持ってたんだけど、ほとんど使ったことがなかったよ。
f0072231_23493365.jpg

f0072231_2350479.jpgついでだから隣の家にまで西南西を教えてきちゃったよ。なんでみんなそんなに西南西が知りたいんだ?

f0072231_2350315.jpg
なにつくってんの? へえ〜、韓国からのおみやげで持ってきた韓国海苔で海苔巻き(キンパブ)! う〜ん、うまそやねえ。

f0072231_23581496.jpgで、これを……丸かじりする。んまい! やっぱ韓国海苔巻きチェゴ〜(最高〜)! マシッソヨ〜(味があるぜ〜)! まあ結局、理屈はどうあれ、うまければいいじゃないかということなんですよ。この世は胃袋をにぎったヤツが勝ちなのだ!

f0072231_23514755.jpg
お豆も数え年の数だけいただきました。
[PR]
by enikaita | 2010-02-03 23:59 | 時事ネタ


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧