「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『デッド・キャット・バウンス』
演劇というものはたいてい、役者さんが出てきて、動いたり、なんかしゃべったりする。その内容は、物語中の架空の人物のことかもしれないし、歴史上の実在の人物のことかもしれないし、あるいはその役者自身のことかもしれないが、ともかくなんらかの「人生」が(無言のうちにさえ)語られるものだ、と勝手に理解しているのだが、そう考えると『デッド・キャット・バウンス』は奇妙な舞台であった。

観客の入場料を原資に、インターネットに接続された舞台上のPCから、実際のロンドン株式市場の株を買う。株価の変動はモニターに映しだされ、俳優たちは時に応じて観客も巻き込みつつ株売買の決断をしていく、という仕掛けの舞台。株価の動きは逐一アナウンスされ、それに観客も一喜一憂する。

『デッド・キャット・バウンス』では、役者がちっともがんばっていない。もっとも「役者」ではなく「出演者」といったほうがいいのかもしれない。もちろん圧倒的な身体能力やものすごいかくし芸とかもなさそう。舞台上の出演者に必要なのは、「buy」のボタンをクリックしつつVTRのボタンを押す「指」と、根拠のない「決断力」。
刻々と変化する株価にあわせて、その場を決断していく作業のどこにも、「人生」を語るスキマなんてない。株価の変動のゆらめきに身を委ねる行為は麻薬のようであるが、観劇の快楽とはおそらく別物だ。

モニターに映しだされたVTRで、ある経済学者が「自らのシステムを継続するために、資本はなんでもやる」と発言しドキッとしたが、舞台上では我関せずとあいかわらずのマネーゲーム。
最後には……トチ狂った人がでてきてインターネット回線をハサミでチョン!……とかだったらおもしろかったんだけど、そんなこともないまま、本日の「売上」を発表し舞台は終了。
せめてなんらかの「演劇的抵抗」みたいなのが見たかったよなあ、とも思う。
[PR]
by enikaita | 2009-11-26 00:56 | 舞台芸術
当たっても勝てない人
f0072231_22492222.jpg
日曜日は、「江森盛夫の演劇袋」というブログをやっている演劇評論家の江森さんと、「男」の遊びに興じるために、東京競馬場へ。だいたい半年に一度の競馬場通いである。〈「男」の遊び〉と言ってはみたものの、最近の競馬場は若い女性集団やカップル、はたまた子連れまで、ギャンブルの会場とは思えない雰囲気。 新宿や後楽園の場外の馬券売場とは違いますねえ。ああいうトコは、もっと殺伐としてよどんだ空気ですから。

本日は京都競馬場で行われる「マイル・チャンピオンシップ」というG1レースの裏開催にあたり、東京競馬場のメインはただのオープンレース「霜月ステークス」。だからか場内は閑散。雨も降りそうだったし、寒かった〜。

さて結果はナント、5レース中4レース的中の快挙!!
しかし、カタい決着のレースが続いたためか、なぜか収支はマイナス。
単勝・複勝だけにしとけば良かったのに……と、堅実さのない自分を恨むのであった。

Nikon D40 + Sigma DC 18-50mm f2.8 EX MACRO HSM
[PR]
by enikaita | 2009-11-23 23:02 | カメラ・写真
リミニ・プロトコル『Cargo Tokyo-Yokohama』公演せまる
f0072231_0132220.jpg

08年の『ムネモパーク』、09年春の『カール・マルクス「資本論」第一巻』と上演し、毎度話題をさらってきたドイツのアーティスト集団、「リミニ・プロトコル」の最新作『Cargo Tokyo-Yokohama』の公演が、いよいよ間近となってきました。トラックの荷台を客席に、観客が荷物となって「物流」の現場をのぞき見するという、移動型の公演。これまでの作品と同様、出演するのは現在実際に物流の仕事にたずさわる人たちです。

今回ワタクシは、楽しみにしているみなさんより一足先に「公開リハーサル」に潜入! 荷物となって横浜まで配送されて参りました。
公演前なのでくわしくは書きません。リハーサルなので、まだいろいろと模索を繰り返している段階でしたが、これからどのようにブラッシュアップされていくのかが楽しみです。でもそれよりなにより重要なのは、「交通安全」ですね。華麗なハンドルさばきの運転手さんのリードで、今日も一日安全運転でした。公演中の無事故をおいのりしてます。
f0072231_0133510.jpg

さて、ご覧になる予定の方に少しだけアドバイスを。

その1。車酔いしやすい人は、「酔い止め薬」を飲んでおくべし。
その2。車酔いしやすい人は、トラックの前寄り(上手寄り)、3段目(後ろ)の席で鑑賞すべし。
その3。昼はポカポカでも、横浜に着いたら寒いよ。

私は車酔いしやすいタチなので、実は横向きの座席に戦々恐々としていたのですが、上記「その1」だけはちゃんとやっておいたせいか、無事横浜まで到着することができました。
「その2」は、乗ってみて気づいたことです。バスでも前のほうが酔いにくいでしょ。そんでもって、後ろの席のほうがたぶん酔いにくいはず。

それでは乗車予定のみなさん、よい旅を!
f0072231_0134926.jpg
Nikon D40 + Sigma DC 18-50mm f2.8 EX MACRO HSM
[PR]
by enikaita | 2009-11-22 00:17 | 舞台芸術


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧