「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『糸地獄』の「光の矢」
f0072231_18532283.jpg

下北沢の古本屋で岸田理生『糸地獄』の単行本を入手、500円也。中の装幀がいい。A5判が少し縦に伸びたようなサイズ、表紙や見返しは絣の着物のテクスチャー。ページを開くと本文の下には、「さかずき」や「四段はしご」など、さまざまなあやとりのシルエットが図像として描かれている。

ここで『糸地獄』の内容についてはとやかく言わない。第一場冒頭のト書きが私を特に魅きつける。下はページを開いたところの写真。

f0072231_18533729.jpg


[以下引用]
(写真の右ページのト書き)
間……。音がする。何の音? 水音のようだ。引いては寄せ、寄せては引き……波。そう、波音だ。それからまた、音がする。何の音?(以下略)

(左ページのト書き)
不意に光の矢が少女に突き刺さる。

誰かが懐中電燈で少女を照らし出したのだ。
[『糸地獄』8-9ページ]


なんとも小説みたいだ。ちなみに、光の矢が突き刺さった少女はそれに反応し、「痛ッ!」と言うのだが、普通にやったら、懐中電燈で照らされた少女が眩しがる、というくらいの場面にしかならないだろう。ト書きは舞台には言葉としては出てこないのだ。「光の矢」という鮮烈な言葉をどう舞台空間に現出させるのか。

ふつうト書きといえば、「昌允、ぢつとしてゐる。立ち上る。ぶらぶら歩く。(森本薫『華々しき一族』より)」てな感じで、淡々としたものが多い。だから、実際に舞台にするときは、どう「ぶらぶら歩く」かは役者や演出家に委ねられている。つまり自由度が高い。もっとも森本薫の戯曲はト書きが極端に少ないのだが。確固とした私世界を構築したいと欲望している劇作家ほど、ト書きはより具体的なものになるのが通例だ(劇作兼演出の人は別です)。

この、小説みたいに洗練されたト書きから感じられることは、「お前ら、勝手にやって俺を愉しませてくれ」とか、「お前ら、俺の言うことをきけ」というようなことのいずれでもない(男口調にしましたが、理生さんは女性です、念のため)。むしろ「上演しないでくれ」であろう。だって、このト書きを読むかぎり、実際の上演より、おそらく上演台本を読んだ方が受け手としてはイメージをふくらませることができるのだから。どんなに必死こいて上記の場面をかっこよく仕上げたところで、懐中電燈に照らされることを「光の矢が突き刺さる」と形容したわずか九文字を超えることができるのだろうか。

この九文字に劇作家の孤独を思う。
[PR]
by enikaita | 2008-04-27 22:57 | 舞台芸術
タクシデルミア~ある剥製師の遺言
f0072231_13583081.jpg


チラシの売り文句によると、「サンダンス映画祭受賞」なんだけど、通例の「NHKでの放映と出資」が見送られたそうである。そりゃ当然で、こんなムチャクチャな映画が普通にテレビで放映されるワケがない。エンディング・ロールに出てきたNHKロゴがすごくチグハグで、この映画に出てくる唯一の清潔なイメージとして、日本人にしかわからない彩りを添えている。

ハンガリーの親子三代にわたる年代記。祖父は兵士。とはいえ戦争に参加するわけでもなく、上司である中尉の家の便所の隣にある物置で、彼らに虐待されながら奴隷のような生活をしている。
奴隷生活の合間の愉しみといえば、炎と戯れること。ゆらめくロウソクの炎を、舐めるように見つめ、それを吸いこんでは恍惚に浸っている。時にはペニスから炎を吹き出すことも。もうひとつの愉しみは覗き。中尉の妾が入る風呂や便所を覗き、マスターベーションに勤しむ。
ちなみに妾が入っている風呂桶は、ときに赤ちゃんの産湯となり、はたまた棺桶ともなり、解体したブタの盛りつけ皿ともなる。ミソもクソもいっしょである。ある日、まるで盛りつけられたブタのような大デブの中尉の妻に、盛りつけられたブタの上で誘惑され、それがバレて中尉に銃殺される。

中尉の妻は子を宿した。やがて生まれたその子は、母の遺伝子を受け継いで大食い選手権のハンガリー代表に。共産主義政権下においては国民の健康増進のため(?)、国家の威信をかけた大食い大会が行われていた。彼は幼い頃から大食い養成所に入り、コーチと二人三脚で大食いの研鑽を積んできた。体操競技などが強かった東欧のスポーツ事情のパロディである。大食いを通して真剣に人生を語ったりもして、かなり笑える。
競技内容は苛烈をきわめる。「スープ」「固形物」などの種目別で競技が行われ、インターバルにはバックヤードに備え付けのスペースで胃の内容物をすばやく吐き出さねばならない。食べる物体と吐き出す物体の区別は、もはやよくわからない。
競技中に卒倒してしまい、国代表の座を逃してしまう彼だが、女性大食いチャンピオンと結婚。夫婦でキャビア45キロ大食いのデモンストレーションをしている最中に産気づく。

やがて生まれた子・ラヨシュは剥製師に。様々な動物の剥製に囲まれながら生活している。ときには胎児の剥製をつくることも。もと大食いチャンプの父は、巨大な体のせいで身動きできなくなり、ガムを包み紙ごとムシャムシャ食べる怠惰な日々。母は家を出てしまっている。飼いネコに大量のマーガリンを与え、大食いネコを育成しようとする父だが、ラヨシュがネコのオリを閉めておくのを忘れたため、飼いネコにハラワタを食い破られてしまう。死んだ父の肚にワラを詰め込み、剥製にしようとする息子。そこでラヨシュは、あることを思いつく……。

奇想が折り重なり暴走していく。『タクシデルミア』はたしかに過激であるが、それを監督個人の資質に起因するものとして捉えるだけでは何か足りない気がする。東欧の芸術作品に共通する奇抜さ。国家体制がめまぐるしく変わったハンガリーにおいては、さまざまな奇想が生み出されていて、それを受け止めるだけの体制が整っている。そもそも共産主義がとてつもない奇想だったということだってできるわけで。
大量に盛り込まれた奇想によってストーリーは後景となり、残るのは奇妙な運命に翻弄される主人公たちの姿。チラシでは同じ東欧のアニメ作家ヤン・シュヴァンクマイエルをひっぱりだしていたが、監督と同じハンガリー出身の作家アゴタ・クリストフも思い出すし、もちろんエミール・クストリッツァも思い出す。
パールフィ・ジョルジ監督は1974年生まれで、わたしと同じ第二次ベビーブーム世代。先日観た鉄道模型の舞台『ムネモパーク』のシュテファン・ケーギも同世代で、ずっと「不毛の世代」だと思っていただけに、なんか意味なく嬉しくなってしまう。

写真はシアター・イメージフォーラム帰りに見かけたレストランの看板ブタ。
[PR]
by enikaita | 2008-04-24 14:02 | 映画
PASMOとSuicaとBodyとMoney
f0072231_18164962.jpg

どうにもケチくさい話なのだが、PASMOとSuicaの両方のカードに共通する「デポジット(預り金)500円」というのが納得できない。カードを返却すれば戻ってくるということだから、劇場でオペラグラスや同時通訳マシンを借りるときのアレかいな、とも思いつつ、年に2回は乗車中に切符を紛失してしまうような私の場合、カードを失くす毎に500円也を自身のマヌケに対する罰としてJRや私鉄各社に払わなければならないのなら、余計なお世話というものだ。これを表向きの理由にして、まだどちらのカードも利用せずにいる。

ある日のことである。パスネット・カードを財布から出し、自動改札にそれを入れようとしたところ、直前でつまづいてしまい、その拍子にカードではなく財布の方がスルスルと自動改札機に入ってしまった。あわてふためくが、自動改札機上部のLEDには
「領収
212,832円
ご利用
ありがとう
ございました」
と表示されている。
ちょっと入り用で、銀行で普段持たないような額のお金をおろしてきたばかりなのだった。急ぎ窓口の駅員に詰め寄る。しばらく奥の方から出てこなかった駅員は、私の焦った様子をせせら笑うように「ときどきいるんですよ、お客さんのような方が」とノタマッた上、「確認できましたら、2ヵ月後にお客様の口座に返金いたします」と悠長なことを言う。せめて財布のガワだけは、と食い下がるが「センターに聞かないと判りません」の一点張。さて今日はどうしようかと手元に残ったパスネット・カードを握りしめ途方に暮れたところで目が覚めた。

なんともスケールの小さい悪夢ではずかしいかぎりだが、そんなパスネット・カードもついに販売中止。「パスモに移行して下さいね」とのことである。モナリザもびっくりの[世界堂カード]並みに、500円の会費で20%割引を期待するわけではないが、せめてすこしくらいは乗車賃が安くならないものなのかしら。


近年、「死」というものが様々な場所で隔離されていて、目に入りづらくなっているんだけど、それに続いて「現金」も、なにやらケガレたものとして、隔離されつつあるような気がする。いろんな人の手から手へと渡りながら、俗世の垢をすりつけられ薄汚れた札束より、絶対に触れることができないだけ電子マネーのほうが清潔だし扱いやすい。PASMOやSuicaのような電子マネーの浸透は、単に電車に乗る際の利便性ということだけではなく、この清潔感が関係しているんではなかろうか。

しかしいくら様々なケガレから離れたくても、やはり毎日火葬場では屍体が焼かれ、金は天下を回っているのである。bodyもmoneyもまだ存在している。moneyはある意味、私たちの血肉である。炉から出された骨を骨壺に収めることで誰かの「死」を納得するように、血肉の化身であるmoneyの現物を扱うことでこそ、納得できることがいろいろあるように思う。だからmoneyの電子化は、bodyの危機とどこかでつながっている。ふと、いつもトランクに現金を持って歩いていた城南電機の故・宮路年雄社長を思う。
[PR]
by enikaita | 2008-04-14 18:19 | コラム


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧