「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:TV( 5 )
ウルトラセブン
f0072231_1263857.jpgMXテレビで毎週月曜日の夜11時からやっている「ウルトラセブン」が佳境に入ってきた。
といっても、ほとんどが一話完結だから佳境もクソもないのだが、毎週欠かさない。10時50分にはテレビの前で視聴準備をはじめ、ウルトラセブンの前の番組である六本木バードランド提供のフラダンス番組までついでに見てしまう。

これまで見た話をいくつか取り上げると、映画『マッドマックス』の元ネタというより『恐怖の報酬』のパクリといった方が近い「700キロを突っ走れ!!」での荒唐無稽、過密都市への閉塞感と、郊外都市やニュータウンへの今からすれば能天気な希望をおりこんだ「蒸発都市」の社会諷刺、地球人が実は地球の侵略者であったのではないかという事実への葛藤を描いた「ノンマルトの使者」における善悪の彼岸などなど。「月世界の戦慄」に登場する、地球人に復讐をもくろむザンパ星人にいたっては、戦時中に逃げ場を失った非戦闘員が大量に身を投げたという沖縄の残波岬から命名されているらしい。ついでに言うと、この月世界を舞台にした作品の放映時点では、まだ人類が月に到達していないということもまた感慨深い。さらについでに言うと、ダンがセブンに変身できない時に出すカプセル怪獣というのがいるんだけど、これをヒントにポケットモンスターが誕生したというのは有名な話。
以上のような、子供向け特撮番組とも思えないなかなか凝ったストーリーが、これまた無意味に恐怖心をあおるような凝ったカメラワークによって描かれる。

さて、先週はシリーズ全体でも傑作の呼び声高い「第四惑星の悪夢」。監督は実相寺昭雄。宇宙探検に出たダンとソガはロボットが人間を支配する第四惑星に拉致される。MXでは残念ながら一部がカットされたようだが(アメリカの銃乱射事件の影響らしい)、このなかでゲシュタポのごとくダンらを拘禁するロボット長官を演じているのは、なんと昨年亡くなられた青年座の森塚敏氏であった。

Wikipediaで調べると、ウルトラセブンもあと六話を残すのみ。しかしさすが大量のマニアを抱えているだけにWikipediaの内容も充実している。各回のゲスト出演者まで詳細に掲載されていて、その中にこれまたなんと、私が昨年中にかなりお世話になった劇作家・演出家の福田善之氏の名を発見。

福田さんの代表作『真田風雲録』が1962年、『オッペケペ』が1963年初演だから、放映時点の1968年ではすでに福田さんはかなり名の通った劇作家だったはずであるが、この時代はそういうものなのだろうか。福田さんの出演されているのは第12話だそうで、早速ビデオ屋で借りて来ようと思ったんだけど、Wikipediaによるとこの回だけが「欠番」ということになっているらしく放映はもちろん、ビデオにもなってないらしい。第12話「遊星より愛をこめて」は吸血宇宙人の話で、その宇宙人の造形が明らかに被爆者を想起させるものになってて、白血病と吸血というイメージを結びつけたものであることが、この話がお蔵入りになった理由らしい。

しかしながら、YouTubeには、なぜかこの話だけが全編アップされていて、フクダ博士を演じる福田さんを(著作権法違反とはいえ)ちゃんと見ることができるのだから、これ時代の不思議というものです。
[PR]
by enikaita | 2007-05-14 01:27 | TV
『役者魂!』
松たか子主演のテレビドラマ『役者魂!』というのが今日始まって、視聴率不振で残念ながら打ち切られた『下北サンデーズ』以来の演劇ネタなんでさっそく見てみた。

芸能プロダクションの社員である松たか子が、演劇部門にとばされ、藤田まこと扮する大物シェイクスピア俳優のマネージャーになる。たぶんこの頑固な俳優から、今後いろいろなことを学んでいくっていう内容だと思うんだけど、いや〜、ちょっとねえ。

上演演目が『リチャード三世』だし、このプロダクション主催の過去の演目がどれもシェイクスピアだし、しかも撮影場所が彩の国さいたま芸術劇場なもんだから、ホリプロとニナガワのことを思い出しちゃいました。『下北サンデーズ』は全然売れてない小劇団を扱ってたんだけど、このドラマはもっと大きなプロデュース演劇の世界を扱っているわけです。だからいちばん近似のモデルはやっぱりホリプロによるニナガワとかのプロデュース演劇だと思うんだけど、ちょっと実際と違うのは、演出家より藤田まこと扮する大物俳優「本能寺海造」の方が現場での立場が上だということ。新宿コマ劇場や、明治座や、新橋演舞場の座長公演だったらまだしもねえ。現代劇でそういう状況ってちょっと考えにくいんだけど、そんな感じの現場もあるんでしょうか。大手プロダクション内部ではニナガワもコマ劇場も同じ演劇だから、脚本段階でそこらへんのエピソードがごっちゃになってるんでしょうかねえ。
注文の多い大物俳優っているとは思うけど、平幹二朗とか江守徹とか美輪明宏みたいに自身がプロデュースして、演出して、出演しているならともかく、大物とはいえ一役者が、自分の演技が納得いかないからって初日中止にしようとしたりするのはちょっと俳優として職務怠慢だと思う(笑)。

舞台装置が気に入らないからってこっそり勝手にヨゴシをいれてたり衣裳の袖を直したりと、いわゆる「古くて頑固でこだわりのある俳優像」を描きたいんだろうけど、説得力がないし、そもそも描きだそうとしている役者像がいくらなんでも古すぎる。つけ鼻とかつけてるし。東山千栄子じゃないんだから。
この藤田まことのポジションを、唐十郎とか美輪明宏みたいなエキセントリックな人が演じたら、逆にそれなりのリアリティを保つことができるんだろうけど、それだとたぶん面白くなりすぎちゃって、松たか子が霞んじゃう。そうするとテレビドラマとして成立しなくなっちゃうのかもしれない。

それ以外のストーリー展開も、大物俳優に隠し子が現れたりとか、しょうもなくベタだし、時々松たか子が行う他人の人生への妄想も荒唐無稽。荒唐無稽ってつきぬけてればOKなんだけど、中途半端で面白くない。全体としては「いい話」で収めたいし、松たか子も「いい人」を演じてる感じ。ドラマとしてすごく古くさい印象だしなんか今後の展開が見えちゃってる。ちょっと謎めいているのは彼女が天涯孤独の身だという設定。生き馬の目を抜くプロデュース演劇業界(笑)で、この「いい人」は生き残れるんだろうか?
これでまた演劇界に対する誤解が広がるなあと思いつつ、これに比べれば『下北サンデーズ』って、上演それ自体の描写はともかく、裏側についてはそれなりのディティールがあって、ずっと演劇そのものに対して愛があったなあとつくづく思いました。
[PR]
by enikaita | 2006-10-17 23:20 | TV
氷壁。
NHKが大宣伝を展開していた鳴り物入りドラマだったし、「登山物」でもあったので、『氷壁』一回目を観た。
うーん、ひどいです。まず台本がひどい。
「あなたと私のザイルは切れたのよ」なんて、猛烈にクサイ台詞をさらりと言える俳優は、日本にはほとんどいない。当然鶴田真由では無理。山本太郎と玉木宏ももっと台詞が言えるはずなのだが、前時代的な脚本に悪戦苦闘している様子がうかがえる。クサい台詞それ自体の存在はいいんだけど、いかにもクサい台詞ですといった感じで演技されるとひきます。

その他の配役も手抜き。伊武雅刀と石坂浩二は『白い巨塔』に出演してた時と同じような役だし、武田真治は『離婚弁護士』のときの役と同じ役回り。ぱくりじゃん。鶴田真由にいたっては、その存在自体が意味不明。去年から続く、クサいドラマブームに乗って戦略なしにやっちゃいました、という感じがぷんぷん。


妙に現代に置き換えたシチュエーションも気味が悪い。企業絡みとはいえ、登山計画披露パーティがあんなに華やかなわけがないでしょ。それと、前時代的な台詞や、「社長の後妻に恋してしまう」という古くさいシチュエーションもあいまって、タイムスリップしたかのような時間軸の無重力状態を生み出していて訳が分からない。
「登山に成功して生きて帰ったら結婚する」という約束を一方的にして、それを果たすために万全でない登山をするというのも、ちょっとありえん。登山ってあくまで個人的な、無償の行為でしょ。


スポーツ用品企業が暴走していく過程が、「NHK」だからこそできる批評的な側面を持っている……なんて考えることもできますが、それ以上にこの古くささへの違和感が拭えないのでした。
原作の「氷壁」は読んでないけど、どんな話なの?
[PR]
by enikaita | 2006-01-15 04:59 | TV
水戸黄門の暗黒面
『白い巨塔』映画版には「天下の名優」東野英治郎が出演している。のちに中村伸郎、石坂浩二が演じることとなる東教授役だ。東教授は主人公・財前の師であるが、教授選では日頃の不信感から彼を推さず老獪に立ち振る舞う、ドラマのキーパーソンだ。中村伸郎は「裏で何を考えているか皆目見当がつかない人物」、石坂浩二は「小物でおたくの策士」として演じたが、東野英治郎が演るとおもいっきり「悪人」にしかみえない。俳優座出身の東野は、映画では悪役として珍重されていた。

東野英治郎といえば初代「水戸黄門」。現在の水戸黄門における超マンネリ展開や、記号の数々の生成過程には、彼の影響が大だろう。まず「高笑い」。これも東野英治郎の発明だ。しかし彼の高笑いは現在一般的に流通している「好々爺」としての高笑いではない。はるかにインパクトがあった。東野のは権力者のそれであった。悪い奴にしか見えないのである。悪役が身に染み付いてしまっている、とかたづけることも可能なのだが、私はここに東野英治郎の思想を感じてしまう。

彼の高笑いは、民衆×悪代官×絶対的権力という階級関係を明らかにしてしまう。絶対的権力が悪代官よりよほどの大悪党であることは疑いないのだが、東野の高笑いはそれを再認識させる。悪人然とした水戸黄門が、正義を振りかざして子悪党を懲らしめる姿は、なにかアイロニカルだ。東野黄門は、単なる勧善懲悪では収まらないのだ。

しかし二代目以降にはこの高笑いは完全に水戸黄門の「記号」として機能するようになった。いかに名優の演技を受け継ぐか悩んだ二代目の西村晃、そして西村時代にニセ黄門として出演し、後に三代目を継いだ浅野ナントカ(名前忘れた)。そもそも西村も東野時代のニセ黄門だ。ニセモノからニセモノへと受け継がれたのだから、形骸化するのは必然だ。やさしい水戸黄門はニセ黄門が作り出したのだ。

最も重要な小道具の一つである「印籠」も、ごく初期の水戸黄門には登場しなかった。「みつえもん」が超越的存在の副将軍「水戸光圀」に戻るための道具、葵紋の印籠は、提示しただけで権力関係を一気に逆転してしまう、明快かつ滑稽な権力者の証明書だ。

東野の所属劇団とも関係があるのだろうか。彼が所属していた俳優座は新劇の老舗。その発展には全国の労演組織が大きく貢献している。彼が基盤としていた活動が、彼に「水戸黄門の暗黒面」をあぶり出させたのかもしれない。水戸黄門は正義の味方である前に大悪党であった。
f0072231_214244.gif

[PR]
by enikaita | 2005-07-31 02:00 | TV
ドラえもん、アナーキーたれ
新しいドラえもんの声に、いまだ脳が順応してない。画面上で口をパクパクしているドラえもんに妙な声が「アテレコ」されている、ようにきこえる。ドラえもんは何らかの事情で声が出ないため、代わりに「声優さん」がセリフを言っている、と脳の中では処理されている。やはり大山のぶ代は偉大だった。(健在ですが)

というわけで私は、ドラえもんブームである。新ドラで取り扱っている話を記憶しているせいだ。早速「ドラえもん藤子・F・不二雄自選集」をブックオフで買い込んだ。「どくさいスイッチ」のカリカチュアやら「うそつきかがみ」のナンセンスやら、イカれた道具の数々。そういえば初期ドラえもんもイカれていた。家の中でボウリングをして鏡台を割るわ、やたら薬に頼るわ(22世紀は薬物中毒の世紀なのか?)……。セワシくんも第一回で「出来のいいロボットじゃない」とはっきり言っている。

藤子不二雄作品のパターンとして、「冴えない主人公の家に異形の者が棲みつく」という構図がある。この「異形の者」は超能力者であるが常識知らずで、異世界の常識を主人公の住む日常に持ち込んでくる。そこに生まれる摩擦が物語の根幹である。初期ドラえもんはこのセオリー通り「異形の者」として描かれていたのだが、徐々に変化し、のび太による理不尽な要求にドラえもんが世話役として振り回されるようになる。これがほかの藤子作品とドラえもんの大きな違いであり、また「国民的まんが」となった理由でもある。のび太は非常識であるはずの異形の者・ドラえもんによって常識を学び、また甘やかされた。ドラえもんは20世紀に長く居すぎたのだ。

ドラえもんは「国民的まんが」たるために、その毒を抜かれマンネリとなる道を選んだ。「異形の者」の超能力は本来その非常識と相殺関係にあるはずだが、ドラえもんは単に頼れる超能力者だ。マンネリは正しく導く者を必要とし、それはある種の宗教性を帯びてくる。アナーキーなドラえもんでは神は務まらない。

全く関係ないが、冴えない主人公と異形の者、いじめっ子とその子分、そして紅一点という構成、この人物相関関係を拝借した演劇を「ドラえもん演劇」というらしい。幸いまだ観たことはない、と思う。(ちなみにリーダー・サブリーダー・道化・一匹狼・紅一点の人物相関関係を使用した演劇を「ゴレンジャー演劇」という、らしい)

「国民的」=マンネリとなるために毒を抜かれた者たち。初期「水戸黄門」東野英治郎の高笑いは、「小悪党を懲らしめる大悪党たる為政者」そのものだったし、4コマまんがの「サザエさん」はデモにも参加する「進歩的」女性だった。それぞれ「国民的」という称号を得るために階級闘争臭を捨てたのだ。初心に返ったドラえもんがアナーキーであれば、と思うのだが。
f0072231_235445.gif

[PR]
by enikaita | 2005-06-27 02:02 | TV


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧