「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:舞台芸術( 101 )
『蝶の夢』で聞いた旅立ちの汽笛
f0072231_024233.jpg

横浜大さん橋で汽笛と共に出航する船を見送り、ようやくたどり着いたのがBankArt NYK。もと倉庫のメチャカッコイイアートスペースです。この日はこちらで『蝶の夢』というパフォーマンス公演を観に来ました。もと転形劇場にいた安藤朋子さんと演出家の藤田康城のユニット・ARICAに、首くくり栲象さんがゲスト出演。首くくり栲象さんは、首をくくる行為を毎日やっているというびっくりな経歴(?)をお持ちのアクショニスト。

その前にちょっと時間があったので建物の二階へ。二回では横浜の土地を分譲中。
f0072231_0241225.jpg

といっても、そこは言わばシムシティ。200円で土地と家を買って、自分たちの街をつくろうという美術イベントなのです。ポストマンがせわしく動きまわり、郵便物を配達していました。

さて、『蝶の夢』。
客入れ時から生活用具一式を携えたホームレス風の女(安藤朋子)が登場。太田省吾さんの『小町風伝』や『水の駅』を彷彿とさせる(といっても写真しか見たことないけど)、スローな歩行で会場を一周。やがてそこに、首くくり栲象氏が年季の入った赤いロープを携えて登場。天井から提げられたカラビナにロープをひっかけ、まず一回目の首くくり。死への厳粛な儀式。それをじっと見つめるホームレス女。観衆も固唾を飲んで見守る。

首くくりと言っても、実際喉元にロープをかけたらホントに死んじゃいます。手に持ってきた赤いロープは、アゴがあたるところがやや幅広の編みこみになっていて、そこにアゴを当てることでぶら下がることができるようになっているんです。そうやることで擬似的に首吊りの姿勢に。アゴで全身の体重を支えるわけで、ぶら下がってる時の全身の筋肉の緊張がこちらに伝わってきます。もちろん油断したらホントの首吊りでしょう。この人はこれを毎日しているのか〜。とんでもない人がいたもんです。
数分後、首からロープを外し着地。その瞬間、さっき大さん橋で聞いた旅立ちの汽笛がまた聞こえてきました。外の音が偶然漏れ聞こえたのかなと思いきや、これは実はコントラバスの生音。会場内の演奏です。着地の姿勢で深く呼吸する首くくり栲象氏。汽笛は死への旅立ちの餞ではなく、再び地面に降り立った復活の音。
同じ行為を三度ほど繰り返す。首くくりを繰り返すごとに、死への儀式であるはずのそれが、彼にとっては自身の生を確認するための儀式なのだということを確信する。

やがて別のカラビナが天井から降りてくる。それは両天秤になっていて、片側にはカラビナ、もう片側にはたくさんのフックがついている。カラビナに赤いロープをかける首くくり栲象氏だが、それではもう片側に釣り合う重さがないので首をくくることができない。するとホームレス女がもう片側のフックに、暖房器具(湯たんぽ)、食料(米袋)など、生活用具の一切をかけはじめる。全部の荷物をかけ終えた瞬間、首くくり栲象の体は重力を失い、中空に舞い上がった。ホームレス女は片手でひょいひょいと自分の荷物を上下し、もう片側にぶらさがった首くくり栲象は、タイトルにあったのようにふわふわと上がったり下がったり。男が生を確認する作業が、女の生への執着の荷物と、物理的にも、別の意味においても、ピタっとつりあっていることをこの目で確認。それは奇蹟としかいいようのない瞬間。

かいつまんで説明しちゃうと、男の体重と女の全荷物がつりあって、ぶらぶらしました、という、本当にそれだけのシンプルな作品なんだけど、この濃密さ。舞台芸術ってすごいわやっぱ。
[PR]
by enikaita | 2011-03-07 00:39 | 舞台芸術
韓国現代戯曲集5&ドラマリーディング
f0072231_1462793.jpg三軒茶屋のシアタートラムで開催される日韓演劇交流センター主催の「韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.5」、いよいよ25日から開幕です。このリーディング企画ではこれまで、『呉将軍の足の爪』や『エビ大王』など、のちに日本でも本格的に上演されることになった韓国演劇の注目作品の数々が紹介されてきました。今回も映画『王の男』の原作である『爾』をはじめとして、注目作が目白押しです。
わたしのほうでは、開催にあわせて出版される「韓国現代戯曲集5」と当日パンフレットの作成をしました。(戯曲集の表紙装幀は早田二郎さん)

戯曲集は上演される3作(張誠希『道の上の家族』、金泰雄『爾 王の男』、ノ・ギョンシク『月の家(タルチプ)』)のほか、尹泳先『旅路』李根三『流浪劇団』を収録。当日会場で販売します。私はいち販売員として3日間の三茶通い。自分で作ったものを自分で売る、これ、ショーバイの基本ですね。

f0072231_1575429.jpg地味なんだけど当日パンフ、普通のと違って盛りだくさんな内容です。上演される作品の作家3人のインタビューのほかに、「日韓演劇交流年表1972-2010」を収録。1972年は状況劇場がソウルで『二都物語』をやった年です。もちろんそれ以前から交流はあったんでしょうけど、さかのぼれる資料がないのです。年ごとに日韓交流が盛んになり、特に2002年のワールドカップ前あたりから、爆発的に公演数が増えていく様子がよくわかります。2013年にまた年表を更新することになると思うので、ひきつづき情報モトム。
[PR]
by enikaita | 2011-02-25 02:07 | 舞台芸術
雪の日に『道路』開演
f0072231_22431054.jpg
チラシやポスター、当日パンフレットをつくらせてもらったアゴタ・クリストフの『道路』の初日があきました。場所は西武新宿線・武蔵関にあるブレヒトの芝居小屋。西荻からの武蔵関への移動は、公共交通機関を使うとちょっと遠回り。いつもならば自転車でスイーッと行くところなんですけど、今日はあいにくの大雪。それでもめげずに登山用カッパで完全武装。雪中サイクリングで初日にかけつけました。

なんとか事故もなく到着。劇場入口で迎えてくれたのはペンキ看板。劇団の方の手書きです。インクジェット出力とかではなく、人の手が入ったアナログな看板、時代に敢然と逆行する姿勢にいたく感激しました。

劇場内部はプロセニアムをとっぱらった対面式。巨大コンクリ道路が客席を分断し、取り囲んでいます。
1970年代にアゴタ・クリストフが想い描いた奇想。ここにあるのは、道路設計技師の夢の世界? あるいは近い未来? はたまた35年前からすれば未来を生きている私たちの姿?



日本劇団協議会主催 次世代を担う演劇人育成公演
東京演劇アンサンブル制作
道路 La Route


アゴタ・クリストフ=作 堀茂樹=訳 三由寛子=演出
2011年2月11日(金)〜20日(日)
ブレヒトの芝居小屋(西武新宿線・武蔵関駅下車徒歩7分)
詳細はこちらです
[PR]
by enikaita | 2011-02-11 23:52 | 舞台芸術
世田谷PT PETAレクチャー+アーティストトーク
f0072231_1132320.jpgいつもお世話になっている世田谷パブリックシアターさんの催し物のチラシを二点つくってます。一つはフィリピン教育演劇協会「PETA」のワークショップとレクチャーのチラシです。もう始まってますが、ワークショップを指導する「進行役」の人のためのワークショップのようです。内容の詳細はこっち

f0072231_11371559.jpg
もうひとつは「世田谷アーティストトーク」。気鋭の舞台芸術家を招いてお話をきくトークイベントです。2月23日はイキウメの前川知大さん、3月3日ははえぎわのノゾエ征爾さん、3月10日は中野成樹さん。アーティストトーク詳細こっち
[PR]
by enikaita | 2011-02-08 11:47 | 舞台芸術
[第三次]シアターアーツ45 2010冬
f0072231_1306100.jpg
[第三次]シアターアーツ45 2010冬号ができ上がりました。

特集は「世界演劇のただ中へ」。巻頭は川村毅さんと西堂行人氏の対談。「80年代はスカじゃなかった」という熱い内容のトークです。
それから、ドイツの研究者ハンス=ティース・レーマンが提唱し、現代演劇のキーワードともなっている「ポストドラマ演劇」を検証する座談会など。

で、なんといっても今号の目玉は注目戯曲2本掲載の超特大号となっていることです。
ひとつはイキウメの前川知大さん作『図書館的人生 Vol.3 食べもの連鎖』。現在大注目の前川さん、雑誌等の媒体での戯曲掲載は今回で2回目とのこと。ちなみに『図書館的人生Vol.2』は2008年の「悲劇喜劇」で読めるようですよ。
もう一本は演劇ユニットてがみ座の長田育恵さん作『乱歩の恋文』。こちらの公演を観劇した複数の編集部員が猛プッシュし、戯曲掲載が決定したという話題作です。

というわけで、厚くなりすぎていつもの発送用の封筒に入らないという不測の事態もなんとか乗り越え、定期購読のみなさまおよび関係各位のみなさまへむけての発送作業は終了しました。ただ、年末にかかってしまったため、みなさまへの年内到着はかなりビミョーなようです。ごめんなさい。

表紙の写真は岐阜県中津川の芝居小屋「常盤座」です。秋に行った時に撮った写真です。まあ、こちらの詳細は明日にでも。

[第三次]シアターアーツHP
[PR]
by enikaita | 2010-12-28 13:30 | 舞台芸術
アゴタ・クリストフ『道路』のチラシ
f0072231_23513733.jpgあの名作文学『悪童日記』の作者であるアゴタ・クリストフが書いた一幕物芝居が本邦初上演(たぶん)。地球のあらゆる場所が道路になっちゃったという未来を描いた寓話です。いつものご報告で恐縮なんですけど、チラシをつくりました。

高速道路のインターチェンジをイメージしてみました。遠目に見ると「道路」って字になってるんですけど、わかります? 

f0072231_0112539.jpgこれ実は、「名神高速道路開通記念」の記念切手にヒントを得たんですよ。いや〜小学生時代の切手収集趣味が役に立ったなあ。


日本劇団協議会主催 次世代を担う演劇人育成公演
東京演劇アンサンブル制作
道路 La Route


アゴタ・クリストフ=作 堀茂樹=訳 三由寛子=演出
2011年2月11日(金)〜20日(日)
ブレヒトの芝居小屋(西武新宿線・武蔵関駅下車徒歩7分)
詳細はこちらです
[PR]
by enikaita | 2010-12-23 00:19 | 舞台芸術
ミュージカル 『ゴール』のパンフレット
f0072231_114816.jpgミュージカル『Annie』日本版の演出でも知られる篠崎光正さんが率いる「電劇」のミュージカル、『ゴール』の販売パンフレットをつくりました。トルストイの短編を原作にした、名馬ホルストメールの物語です。


善福寺ジョナサンで深夜の打ち合わせ。「こんなチラシなんですけどね」と、シノザキ氏に渡された公演チラシの絵はなんと、金子國義大センセイではないですか! こちとらかなり恐縮だったのですが、「表紙はにしてください。あとはおまかせしますよ」とのことでひと安心。
赤い表紙はゴールに向かって馬群が駆け抜けていくのをイメージしました。

本日開演。開演前、劇場で前の席に座ってた人がちょうどパンフをながめてたので、ちょっと観察。私がこっそり入れたギャグに気付いてくれたみたいです。ふふふ。

思えばミュージカルってひさびさに観ました。いや〜ミュージカルって……いいもんですねえ、というのが、率直な感想。純粋に楽しみました。

f0072231_1131551.jpg

電劇公演 ミュージカル『ゴール』
俳優座劇場(東京・六本木)
2010年12月16日(木)~19日(日)

公演の詳細はこちらです
[PR]
by enikaita | 2010-12-16 23:55 | 舞台芸術
コルブス・オイリュトミー・パフォーマンス『血と雪』
たまには最近作ったダンスのチラシの話でも。
以前に『プサルム』のチラシ制作でお世話になったオイリュトミーユニット「コルブス」の鯨井さんと定方さんが、3月に新作を上演とのことで、またチラシをつくらせてもらいました。
f0072231_0462386.jpg

タイトルは『血と雪』。

ならばよっしゃ、と筆をとりサラサラと書いたのがこの字です……って言いたいけど、さすがにそれはムリ。ここはやっぱり偉〜いセンセイにご登場いただきましょう。上の字が「血」、下の字が「雪」なのはわかりますよね。こちらの字は中国・初唐の書家、孫過庭という人の書をもとにしています。王羲之の技法を継承した草書の名人なんですって。

ちょっと画像だと分かりにくいけど、筆書きのところや日時の数字などには銀を使いました。ゴージャス〜。そんでもって、筆書きの「血」と「雪」のあいだの字と、下のコピー「菊の笑い 刀の悲しみ」の字、ちょっと見慣れないフォントを使いました。MacOSX同梱の中国語フォントと韓国語フォント。これらのフォントには、日本語の文字セットが入っていて、文字のバランスが、正しい日本語フォントではありえないくらいに悪いんです。それがかなりブキミな魅力を放つんですよ。ほら、輸入物の食料品の品質表示とかでときどき「ラーメソ」とかあるでしょ。あのブキミさ。
f0072231_121384.jpg
オモテ面がシンプルなので、ウラ面は赤紫と黄緑。浮かび上がっている二人が、鯨井さんと定方さん。

前回の『プサルム』は、「二人ともこのまま死ぬんじゃなかろうか?」と思うほどの鬼気迫る舞台で、あっけにとられました。今回も期待です!

CORVUS Eurythmie Performance
コルヴス・オイリュトミー・パフォーマンス
『血と雪』


2011年3月12日 [土] 19時半開演 13日 [日] 17時開演
中野テルプシコール
構成・演出・オイリュトミー=CORVUS(鯨井謙太郒+定方まこと)
宣伝美術=奥秋圭 宣伝写真=神山貞次郎
公演詳細はこちら
[PR]
by enikaita | 2010-12-12 23:59 | 舞台芸術
世田谷PTの舞台芸術のクリティックとAICTのアジアシンポジウム
f0072231_23253564.jpg
いろいろとお世話になっている世田谷パブリックシアターさんが行っている「舞台芸術のクリティック」という劇評セミナーのチラシをつくりました。「批評を書く」では、2期にわたって批評を募集中。提出後にゼミがあります。第1期は白井晃演出の『ガラスの葉』と、ピーピング・トムの『ヴァンデンブランデン通り32番地』、第2期は川村毅演出の『現代能楽集「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』、サイモン・マクバーニー演出の再々演『春琴』、野村萬斎さんの『まちがいの狂言』です。詳細はこちら。「舞台を読む」は舞台芸術のレクチャー。講師は森山直人さんと八角聡仁さんです。詳細はこちら

さらにもう一つ、やはり演劇評論系のチラシをつくりました。
f0072231_23413624.jpg
演劇評論誌「シアターアーツ」の発行元であるAICT(国際演劇評論家協会)日本センター主催の国際シンポジウム「国際共同制作と批評の役割」です。ゲストにNODA・MAPの野田秀樹さん、燐光群の坂手洋二さん、鄭義信さん、舞踏家の和栗由紀夫さん、ストアハウスカンパニーの木村真悟さんを迎えて、アジア各国の演劇評論家が大集結。アジア地域における現代演劇・ダンスに関しての報告や、今後の展望などについて、集中的に議論されるもよう。詳細はこちらです。

批評は舞台芸術を支える底辺のひとつ。いつも勉強させてもらってます。
[PR]
by enikaita | 2010-11-07 23:58 | 舞台芸術
中津川の常盤座
f0072231_2054655.jpg
常盤座の向いにあるのは常磐神社。見るからに「村の鎮守」、ちょっとした高台にあって趣きのある神社です。この日は常磐神社境内を舞台にした野外劇『人魚姫』からスタート。新聞紙の衣裳を身につけた地元の小学生をキャスティングし、プロの人形劇団の人たちがそれをフォロー。野外なのに声がよく響く、気持ちのいい場所です。

f0072231_22105318.jpg
すっかり言い忘れてたんですけど、この日常盤座で催されたのは、日本演出者協会による「演劇CAMP in 中津川」の最終日です。常盤座内ではワークショップやセミナーの発表会もありつつ、メインは竹内菊さん率いる菊の会による『耳なし芳一』。常盤座は花道が二本、廻り舞台もあり、二階の客席もある立派な芝居小屋。定式幕がカッコいいでしょ。

『耳なし芳一』、演出の竹内菊さんは相当なおばあちゃんなんだけど、エッジの利いた演出だなあ。演出者協会の演出家さんたちが口を揃えて「闇の使い方がいい」とか、ベタボメ。私がびっくりしたのは芳一が琵琶ではなく三味線を持ってたとこ。しかもこの三味線が超絶テク(六柳庵やそ)。本物の芸が見られて、私もはるばる来た甲斐がありました。

終演後は常盤座の保存会の人にわがままを言って、楽屋裏と廻り舞台の機構を見学しました。
f0072231_22262534.jpg
明治から続く、歴史のある芝居小屋ですが、戦中は軍に接収されて資材置き場になっていたそうです。それを戦後、地元の人の手で復活させたとのこと。廻り舞台の機構の再生は平成になってから。鉄骨でできています。単なる「建物の保存」ならば昔ながらの木製機構なのでしょうが、劇場は使われてナンボですからね。本当に町の人に愛されている小屋なのです。
f0072231_22325869.jpg
おっ、生首発見!舞台下の倉庫にありました。『菅原伝授手習鑑』の『寺子屋』で使うやつでしょうか。
昔から「オバケがいる劇場は本物の劇場」と言われますが(笑)、保存会の人に聞いてみたら、「もちろん出るよ〜」とのこと。さぞや年季の入ったオバケが出るんでしょうね。
[PR]
by enikaita | 2010-09-29 22:38 | 舞台芸術


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧