「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:舞台芸術( 101 )
アルトゥロ・ウィの興隆
観てきました。作品自体がかなり入り組んでいて、なかなか全容がいまだに掴み切れてない。それに輪をかけて、イヤホンガイドがその混乱に拍車をかけたのではないかと思う。
そのスジの方から伺ったのだが、ドイツ側からの「舞台をちゃんと観てほしい」という強い意向があって、字幕ではなくイヤホンガイドが採用されたらしい。しかし、この選択は成功したとは思えない。

何 しろ舞台上の登場人物とイヤホンガイドの声が合ってない。ヒトラーにそっくりの主人公、ウイの声はかなり早口でトーンが高い。それに対してイヤホンガイド の声はいやに落ち着いていて、低めでダンディなのだ。具体的には舞台上のウイが口からでまかせの台詞を早口で言っていたとしても、ガイドのウイは低めの声 で、確信を持った、落ち着いた口調、しかもちょっと余計な感情入りだ。台詞自体は正しかったとしても、イヤホンガイドの声は雰囲気的に間違っているのだ。
これではイヤホンガイドを使用した観客には、二のウイが存在し、混乱してしまう。しかし当然舞台上のウイが本物であるから、観客は以下の作業を持って舞台に臨む。

1. 舞台上のウイの雰囲気を観る。
2. イヤホンガイドを聴く。
3. イヤホンガイドと舞台上の出来事のギャップを確認する。
4. イヤホンガイドの余計な感情部分を切り捨て、頭の中で字幕化する。
5. 舞台上の登場人物に台詞を当てはめる。

当然舞台にのめり込むことはできない。たしかに字幕だとあのスピード感を殺してしまうことにもなりかねないが、最初から字幕であれば観客の負担は少なかった。これってもしかしてブレヒトの異化効果?……まさか、んなこたぁないよね。
イヤホンガイドさんが台詞を抑制しようとすればするほど、抑えた感情は輪郭を見せ始めてしまう。かといって、おもいきってアニメ声優を起用して彼らの表層 的な感情表現技術を駆使してアテレコしちゃえば、舞台とイヤホンガイドの乖離が明白であるから観やすくなる……ということにはならないだろうし、「棒読み」というのが結局、かなりの技量を要求してしまうのだ。

主役ヴトケの演技は前評判通りすごかった。彼の濃密さに対して、ほかの俳優はけっ こうテキトーにゆるくて、腹の立った人もいるかもしれないが、それはそれ、他の俳優も濃密だったならば観る方は疲れてしまう。ヴトケ中心のスターシステムだ。左腕を骨折していたが、演技には支障ないようだ。冒頭、ウイが犬の仕草をまねて四つん這いになる場面は映像で補われていたが、全く気にならなかった。 挙動不審で神経質そうな手の動きなどに、「チャップリンの独裁者」を想起した人もいたようだが、ミスター・ビーンや、志村けんも思い出される。劇中、シェ イクスピア俳優から教わる、「つま先から歩く」というのは、まさに彼ら、喜劇役者の動きそのものだ。
とにかく作品が入り組んでいる。ブレヒト作品だから、ややこしい話であることは覚悟していたが、初見で全容を把握できた人はいるのだろうか。ミュラー演出だし、そんなところは重要じゃないのかもしれないが、やはり気になる。原作を読んでから行けばよかったと悔やむ。早速図書館で借りてこようっと。
f0072231_5542430.jpg

[PR]
by enikaita | 2005-06-30 05:38 | 舞台芸術


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧