「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:西荻( 58 )
西荻丼23号
f0072231_2232443.jpgフリーペーパー西荻丼の23号が、本日配布されました。

今回の特集は「西荻ニューカマーズ!」。
西荻にここ2〜3年でできた新しいお店の中でも、西荻丼編集員(略して丼員)オススメのお店をピックアップ。愛をこめて紹介しております。ワタクシ西荻丼編集長(略して丼長)も、イタリアンレストランの「GORIZO」さんについて、愛をこめて書きました。

第2記事は前回好評だった珈琲豆屋のアロマフレッシュ店主で、まもなく99歳の安藤久蔵さんへのインタビューの続編。今回は「青春篇」と題して、安藤さんの学生時代のさまざまな「伝説」をお聞きしました。
第3記事は「西荻北謎のロータリー」。住宅街に忽然と存在する(存在した)ロータリーの歴史を調べてみました。

今回も特盛の西荻丼。西荻のいろんなお店に置いてあるので、ご賞味あれ!

「どんぶりのふた」掲載の第40回西荻ブックマークの日付が
誤っておりました。正しくは3/20(土)の開催となります。
訂正してお詫び申し上げます。



西荻丼ウェブサイト

[PR]
by enikaita | 2010-01-30 23:59 | 西荻
西荻丼22号、配布中!
f0072231_011361.jpg西荻丼22号ができました!

今回の特集は、「西荻から巣立ったお店を探せ!」。
お気に入りでよく通っていたお店が、いつの間にか閉店……なんてさみしい思いをしている人もたくさんいると思います。そんな悩みで夜も眠れないという人のために、都内のみならず、長野、はたまた沖縄にもある「西荻から巣立ったお店」を、丼スタッフ総力で探してきました。

第二記事は「西荻 年の差インタビュー」。
善福寺の珈琲豆店「アロマフレッシュ」の店主・安藤さんは明治生まれの98歳。高齢を感じさせず、今日も西荻を颯爽と自転車で駆け抜ける元気いっぱいの安藤さんですが、98年の人生は波瀾万丈、まさに「西荻のフォレスト・ガンプ」です。今回は西荻丼最年少スタッフの小学生が取材。90年前の小学生生活を聞きました。

時川真一さんの「西荻ナイトすけっち」が新連載で始まりました。
夜の西荻のコアな店を紹介しつつ、ほろ酔い気分でスケッチする、という連載企画です。
まず第一回目は誰もが気になっていたであろう昭和レトロスナック「亜都路」に潜入!
西荻で30年店を構えるママさんや常連さんとの楽しいトークで盛り上がりました。

いろんな思いで西荻を離れた方々、波瀾万丈人生の98歳のお話に、人間交差点のスナックまで、秋の夜長に「人生」を考える号に仕上がっております。西荻のいろんなお店に置いてあるのでお手にとってご覧下さいませ。

西荻丼
[PR]
by enikaita | 2009-10-26 00:12 | 西荻
教えてあげたい! カブト虫
f0072231_12554.jpg
夜中にも蝉が鳴く季節になりました。
近所の公園では盆踊りイベント。ふらりと立ち寄ってみる。公園のヌシ・シナガチョウも、夏の夜の喧噪にかなり当惑気味。
東京音頭とあと2曲ぐらいの計3曲で無限ループ。うち1曲は全く聞いたことがない。歌詞に注意して聞いてみると、どうやらこの曲は「杉並音頭」のようですね。どこにでもあるんです、そういうご当地音頭が。ちょっとネットで調べてみたら、「杉並音頭」を歌ってるのは橋幸夫氏(かつて善福寺在住の地元民!)だそうです。そういやあ、富士吉田にも「吉田小唄」という、ご当地音頭があって、それを唄ってたのはたしか、都はるみだったような。

ともかくその帰り、外灯のまわりをブンブンと飛び回る巨大な虫を発見。蝉にしてもデカすぎる。ぼたっと落ちたところを探すと、枯葉の上でモソモソしていたのは、カブト虫のオス。グリーンがかった外灯の光に照らされた漆黒の胴体。体の方にある角をつまんでひょいと持ち上げると、宙をウニョウニョと一生懸命掻いて、どこかに摑まろうとする。かわいそうなんで、やっぱ元の位置に戻しておきました。小学生男子でもやって来ないかなあ。「カブト虫がいるよ〜!!」って、ああ、教えてあげたい!

それにしても、野生のカブト虫を見つけるとつい、「捕まえて大もうけ」とか、そういうことが脳裏をかすめてしまうのは、私の小学生の時からの悪いクセであります。ぜったいそんなに儲からないよ、と小学生だった私に教えてあげたい。
f0072231_122795.jpg

[PR]
by enikaita | 2009-07-31 01:03 | 西荻
西荻丼21号、できました。
f0072231_1621575.jpg毎度おなじみ、西荻の有志によるフリーペーパー、「西荻丼」の最新号が配布されてます。

今回の特集は、「まだまだ使える! 西荻のリサイクル・リフォーム・リユース事情」であります。
西荻ってのはなんとも不思議なところです。不要品は「ご自由にお持ちください」で、ご近所さんに配るというのが、どうやら西荻のジョーシキみたいなんですよ。
フツーの家の玄関前とか、いたるところで、「ご自由にお持ちください」という張り紙とともに、家の不要品を陳列してあるのです。ご丁寧に、持ち帰りの袋まで用意してあるところもありました。少なくともこれまで私が住んできた場所ではあまり目にしたことのない光景です。
そういうのも含めて、西荻のリサイクル事情や、道具を直して使えるようにする修繕プロの方への取材など、西荻エッセンスのつまった号に仕上がっております。

西荻のいろんなお店で配布しておりますので、お手にとってくださいませ!!

西荻丼のウェブサイトはこちらへ。
[PR]
by enikaita | 2009-07-27 16:22 | 西荻
ヘビ。
f0072231_10255995.jpg
ここ数日、善福寺公園下池のわりと目立つところに出没中の2匹のヘビ。アオダイショウです。
この色ツヤ、タマランですねえ!

Nikon D40 + SIGMA 50-150mm F2.8 HSM
[PR]
by enikaita | 2009-05-03 10:26 | 西荻
西荻丼20号出来!
f0072231_173963.jpg西荻つながりの仲間とつくっているフリーペーパー「西荻丼」、20号が配布されております!

今号の特集は「西荻の手土産」
以前、他の場所に住んでた時は、手土産ってほとんどデパートとかで買って持ってくことが多かったんだけど、西荻に住むようになってからは、〈「アンセン」のチョコマーブル〉とか、かなり積極的に西荻エリアで選んでます。他所にはないだろうからと、ついつい自慢したくなるような逸品が、西荻には多いんですよねえ。
というわけで、編集メンバー各々が、ず〜っと誰かに教えたかった西荻の手土産を持ち寄りました。

第二記事は、新運行のすぎ丸バス〈かえで路線〉。西荻から久我山までを結ぶ杉並区営バス〈すぎ丸〉に乗車、となり町の久我山までちょっと行ってきました。6月の久我山は「ホタル祭り」だそうで、ホタルって、ここ25年ほど見たことないなあ。いい情報をゲットです。

そんな感じでとっても実用度の高い号に仕上がっております。西荻のいろんなお店に置いてありますので、ぜひぜひお手にとってご覧下さいまし。

西荻丼こちら
[PR]
by enikaita | 2009-04-30 17:04 | 西荻
オカルトの謎
f0072231_21435229.jpg
西荻の某リサイクルショップ(?)で売られていた往年のオモチャ。その名は「オカルト」(箱付き)。どうやら射的ゲームのようである。命中した動物たちが逆ギレして、ゾンビになって出てくるようなこともないし、なんでそんな名前なのかは、サッパリ不明。

名に似合わず可愛い動物たちが、透明プラ板の向こう側で的になっている。命中しても的がパタンと倒れるだけ。ピストルの先に磁石が付いていて、それで透明プラ板の向こう側にある銀玉を操る。引き金を引くとパチン!と銀玉が弾かれて、動物の的に向かって飛んでいくという、プリミティブかつ安全。アイディア満載のオモチャである。
f0072231_21415953.jpg

リセットするときは本体全体を手前に傾ければ、はじいた弾も元に位置になり、倒れた的も起きあがる。ソロバンの「え〜、ご破算で願いましては〜」の要領である。
[PR]
by enikaita | 2009-04-21 21:45 | 西荻
西荻のお店ご紹介!
f0072231_21202587.gif
ワタクシが編集長をやっている西荻のフリーペーパー「西荻丼」。
こちらに協力していただいている西荻お店の方を紹介するサイトが、「西荻コム」内にオープンしました。
個人経営の個性的なお店が多い西荻ならではの記事になっております。
これからまだ増えていきますのでお楽しみに。
サイトはこちら「西荻コム」

f0072231_2125859.jpgそんでもって別件ですが、こんな本ができてます。「海外戯曲アンソロジー3」(日本演出者協会編/れんが書房新社)。オーストラリア・カナダ・韓国・フランスの戯曲を集めた本です。有名作家の古典ならともかく、海外現代作家の新作戯曲ってのは、そう読めるもんじゃありませんよ。
表紙の絨毯は「ギャッベ」というイランの絨毯です。ふかふかしてて気持ちいいんです、これ。西荻のペルシャ絨毯屋さん「バハール」さんよりお借りしました。もちろん絨毯模様なだけで、表紙が絨毯で出来ているわけではありません。そんなムチャクチャな本、一度でいいからつくってみたい!!
「バハール」さんも「西荻丼」に協力をいただいていて、今後「お店紹介」に登場する予定です。

そんでもってともかく、「バハール」のウェブサイトはすごいことになってます。
店長のグーチャーニー・ビジャンさんの「独り言コーナー」、必見です。

バハールさんはこちら
[PR]
by enikaita | 2009-04-16 21:24 | 西荻


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧