「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:西荻( 58 )
荻窪団地と西郊ロッヂング
f0072231_23203614.jpg
杉並区の建造物を巡るツアーに参加。西荻南から南荻窪近辺の住宅街にある、昭和初期に建てられた洋風建築を見ながら散策しました。上高地のホテル、あるいは軽井沢の別荘のようなすてきな外観の建物は、見てるだけで避暑地に訪れているかのような錯覚をおぼえますが、ところがどっこい、ここは東京のど真ん中。
梅雨明けの猛烈な日差しで、すっかりグロッキー。 

この日の「目的地その1」は、荻窪団地。城壁のような形状で、団地マニア垂涎の物件だそうですが、数年内の取り壊しが決まっているそう。下の写真は、城壁団地のとなりにあるY字型の団地、通称「スターハウス」。
f0072231_22293143.jpg
真ん中は三角形の螺旋状階段になっていて、1フロアにつ3戸ずつ、放射状に配置されています。どの部屋も窓がたくさんあって日当たりは抜群ですが、逆にプライバシーの観点から、あまり人気がなかったとのこと。こちらも近々に取り壊される予定だそうです。

次に行った「目的地その2」荻窪駅そばの西郊ロッヂング
f0072231_22513287.jpg
ずっと気になってたんですよね〜、この建物。「西郊ロッヂング」は賃貸物件。文化財に寝泊まりするのって、どんな気分なんでしょうか。この日の主な見学はロッヂングのとなりにある「西郊旅館」のほう。掛け軸がかかってるような、まさに「旅館」なお部屋。備えつけの電話も、ここ最近みない形のやつ。ご近所だけど、一度泊まってみたいなあ。

このイベント、時々やってるようなので、興味ある人は「広報すぎなみ」を毎号、目を皿のようにしてチェックしてくださいね。参加者はどうやら私らが最年少のようでしたが、もっと若い人が参加するべきだなあと思いました。
[PR]
by enikaita | 2010-07-21 23:02 | 西荻
桃三小夏まつり
f0072231_136165.jpg
たかが小学校の学校行事と思うなかれ、桃井第三小学校の「桃三小夏まつり」は夏の西荻エリアで、もっとも人を集めるイベントなのです。毎年夏休みに入る今の時期に行われています。

はしゃぐ小学生たちがたてた砂ぼこりうずまく校庭、その真ん中にしつらえられた盆踊りの櫓と、たくさんの出店。そこでは、父兄によるフランクフルトや焼きそば、かき氷などの販売、父兄によるヨーヨー釣り、父兄による盆踊り指南、父兄による打ち上げ花火などなど、実は父兄のみなさん総出での運営なのです。
お子さんが桃三小に通う父兄さんは、毎年この時期、大変らしいですよ〜。

写真は昨年初めて行った時、RolleiFlex 3.5Fで撮った会場の写真。梅雨明けを知らせるかのように、ちょうど虹が出てきたところでした。

Rolleiflex 3.5F Carl Zeiss Planar Fuji Pro 800
[PR]
by enikaita | 2010-07-17 13:07 | 西荻
だれかのソウルフード
西荻仲間の時川さんと、西荻にある「Aparecida」というお店でダベリタイム。お酒や食べ物、流れている音楽はもちろん、内装から椅子・テーブルに至るまで、徹底的にブラジルにこだわったお店です。ものすごい量のブラジル音楽のCDも常備。金曜日は毎週、弾き語りが行われているんです。この日はボサノヴァでした。「イパネマの娘」や「おいしい水」なら聞いたことがありましたが、「カエル」とか「アヒル」という歌はこれまで知らなかったなあ。他愛のない歌詞(たぶん)なのに美しく優しいメロディ。こんなふうにギターが弾けるようになりたかったなあ。

f0072231_2193591.jpg
上の写真は「フェイジョアーダ」というブラジルの食べ物。黒いんですよ〜。いろいろな豆やいろいろな肉を煮てあって、これをごはんや、ポテトフライなどの添え物と混ぜて食べるんですって。初めての味でしたが、うまいっ! 世界のどこかにはフェイジョアーダを食べて、「この味だよ〜!」と故郷を思い出す人が必ずいる、そういうことを想像して、なんだかうれしくなりました。そして私は、そういうブラジル人と友達になって、無理矢理にでも松園のにくたまうどんを食べさせたいっ! と勝手に妄想するのでした。
[PR]
by enikaita | 2010-06-18 23:59 | 西荻
安藤式
f0072231_0432059.jpg
フリーペーパー「西荻丼」のインタビューで、いつも興味深いお話を聞かせていただいている、西荻の「フォレスト・ガンプ」、コーヒー豆店「アロマフレッシュ」の安藤久蔵さん(99歳)。太宰治と酒を酌み交わし、小津安二郎に「映画に出ないか」とスカウトされたこともあり、一日三時間の散歩は欠かさず、今日も颯爽と自転車でコーヒー豆を配達しているスーパーじいちゃんです。先日も、次号の西荻丼に掲載するためのお話を聞くために、安藤さんのところへお伺いしました。

小さなお店にはテーブルと椅子があって、誰でもウェルカムなのです。この日はそのテーブルの上に、見かけない装置が。味のある字で「安藤式」と書いてあります。さっそく質問。「安藤さん、なんですかこれ?」「それは手づくりの焙煎機だよ。下に火をつけて、ここんとこをくるくる回すんだ」「安藤さんが自分でつくったんですか?」「そう。流し台のゴミを貯めるところがあるでしょ、あれを使ったの。ここの銅のとこは自分でしぼった。溶接も自分でやったんだよ。溶接の免許を持ってるんだ」「えーっ、なんでそんなものを持ってるんですか!」……安藤さんは、かつて遠洋漁業の漁師として仕事をされていたことがあって、その時に溶接の免許が必要だったのだそうです。「外海に出ている時にもし船が壊れたら、自分で修繕しなきゃならないでしょ。」……なるほど〜。上の写真に写っている手は、もちろん安藤さんです。

それにしても、その焙煎機の下に敷かれてるのは、こないだお渡しした「西荻丼」じゃないですか! ……まあ、細かいことは気にしませんよ。そういうことをいちいち気にしてたら、安藤さんみたいに長生きはできません。

次号の「西荻丼」では、戦争時代のとても貴重なお話をお聞きしています。太平洋戦争ならともかく、日中戦争の従軍経験を語ることのできる人はかなり少なくなってきているのではないでしょうか。戦争はとてもつらい体験だったと思いますが、ひとつひとつ丁寧に語ってくださってます。次号「西荻丼」は7月下旬の発行予定です。
[PR]
by enikaita | 2010-06-16 01:14 | 西荻
シナガチョウ
f0072231_23472119.jpg
善福寺公園・上池のアイドルと言えばシナガチョウ。私はてっきり、「シナガ」と「チョウ」で切れるもんだとばっかり思ってて、「シナガ」ってなんだよ?と、人には言えない悩みを抱えてたんだけど、漢字にすれば何のことはない。「支那鵞鳥」なんですね。

かなりの深夜だろうがおかまいなしで、寂しげな雄叫びをあげていたシナガチョウ。善福寺公園近隣住民はみんな、ふとんの中でこの鳴き声を聞いていたに違いない。

で、「オハリコフジヲの大創業祭」が一段落して、善福寺公園を久しぶりにパトロールしたんだけど、シナガチョウの姿がない。いつもいるはずのベンチには張り紙がしてあった。どうやら死んでしまったようだ。鳥のくせに善福寺公園のワイルドなネコたちに囲まれても平然としていたシナガチョウになにがあったのかはわからないが、これまで何度か被写体にしていたので、ここでそれをUPしておくことにする。

上の写真は居住まいも正しい正方形写真。Rolleiflex 3.5Fで撮影。下の写真は一転して、完全なる失敗写真。
f0072231_23591282.jpg
こちらは久しぶりに登場のペトリハーフ。しゃがんでピント合わせ(目測ですが)をしていたところに突進してきたシナガチョウ。正直ペトリハーフは、何を撮っても失敗してしまうというすごいカメラです。

Rolleiflex 3.5F Planar FUJI COLOR Pro400
Petri Half Orikkor 28mm f2.8

[PR]
by enikaita | 2010-06-11 00:08 | 西荻
チャサンポー。
f0072231_15324423.jpg西荻茶散歩というイベントが、6月5と6日、西荻で開催されるようですよ。いろんなお店で連動しつつ展示などをし、来店した人には無料でお茶を出すという散歩イベントです。今週末は晴れそうですねえ。ぜひ西荻にお出かけください。

でもって西荻でもう一つ、今週末にせまっているのが「オハリコフジヲの大創業祭」。手縫いこども甚平の販売です。「西荻茶散歩」のオフィシャルマップを見ると、いくつかある開催店舗のちょうどど真ん中あたりに「オハリコフジヲの大創業祭」の会場であるヒューマンプラザ千代野があるではないですか!

こ、これは、便乗するしかないっ!……といっても、別に何をするかは考えてないんですけどね。チャサンポーのついでにお立ち寄りいただければ幸いです。

「オハリコフジヲの大創業祭」
6月5・6・7日 
ヒューマンプラザ千代野(西荻窪駅北口徒歩5分)

f0072231_15472720.jpg

[PR]
by enikaita | 2010-06-03 15:41 | 西荻
「俺クライマックス祭」
西荻「ぷあん」にて「俺クライマックス祭」が開催されました。

西荻丼仲間のライター・大宮さんが、結婚の報告と、初めての単著出版というW祝賀で、ご自身で企画されたのが「俺クライマックス祭」。タイ料理の店「ぷあん」を一日貸し切って、総勢200名のお客さんをおもてなし。一回では入りきらないので時間制にして、総計9時間、約50人のパーティを4回連続でやるという、前代未聞のマラソンパーティーとなりました。
f0072231_23354958.jpg

西荻丼スタッフは会場のあちこちでお手伝い。同じく西荻丼仲間のイラストレーター・時川さん監修・総指揮でつくったのがこちらの「おめで鯛めしおにぎり」。鯛めしと言えば四国・松山あたりの名物なんだけど、それをさらに時川流にアレンジ。愛媛直送のお米と鹿児島産の水を使い、河口湖に住む私の友人から届いた、出たばかりでやわらかな山椒の葉を添えて完成しました。魚のコクと山椒の清涼感。この日でしか味わえないおいしさです。当然のようにつまみぐい。

f0072231_23381742.jpg調理中の時川氏です。スタッフはおそろのTシャツを着て一致団結。なにせおにぎり200人分ですから。ちなみにこちらのTシャツ、牛王宝印Tシャツといって、江戸時代の信仰富士登山である富士講の白装束の背に捺された印がモチーフになってます。一致団結にはもってこいでしょ。Tシャツの詳細は後日にでも。気になった人はコチラへ。

f0072231_0728.jpg
私はと言えば、この日のために「西荻丼特別号」を作成しました。会場に来た200人限定の超レア号です。内容は、独身時代の大宮氏の、血となり肉となり知恵ともなった西荻のさまざまなお店を紹介してます。

f0072231_0101933.jpg
そうこうするうちにやがて夜。お祭り済んで日が暮れて、兵(つはもの)どもが夢のあと。へろへろになった大宮さんが、自身のブログ用の写真をパチリとしてるとこです。でもこれじゃあちょっと味気ないので、このあと大宮さんは看板と一緒に記念撮影。そちらの写真は大宮さんのブログに使ってもらいました。


f0072231_0124474.jpg言い忘れてたことがあった。大宮さんの新刊『バブルの遺言』。バブル時代に人生をエンジョイしまくった「人生の先輩」に、就職氷河期を生き抜いた大宮さんがインタビューしてます。

ま、ともかく、「クライマックス」はまだこれからですよね?  お互いがんばりましょー!
[PR]
by enikaita | 2010-04-25 23:59 | 西荻
西荻丼24号配布中
f0072231_2245930.jpg西荻のタウンペーパー「西荻丼」の24号が配布されてます。

今回の特集は「線路に沿って歩いてみよう♪」
西荻を東西に走る中央線の線路沿いと、その下を歩いてみました。線路下に改装オープンしたマイロードやスーパーマーケットだけでなく、三峯神社の大ケヤキに、元ボーリング場と、新しいものから古いものまで、西荻の街の発展の歴史を感じる号になってます。

記事2は「坂の上のけやき公園完成!〜トトロの樹その後〜」。一時は伐採の危機にあった「トトロの樹」ですが、ついに公園化してオープン! 一瞬耳をうたがいましたが、その名も「坂の上のけやき公園」。 トトロではなく、正岡子規が出てきそうな公園ですね。

いろんなお店に置いてますので手にとってご覧くださいね。
[PR]
by enikaita | 2010-04-24 22:47 | 西荻
もう冬眠から醒めましたか
f0072231_22104387.jpg
「西荻ウッフンタオル」でおなじみ、西荻にある中国茶のお店「サウスアベニュー」に立ち寄った時に、ふと目にとまったのがこのカエル。ふつうぬいぐるみって、あまり重くないものですけど、手に取るとずっしりとした重みがあって、なんだかしっくり。あたしゃあカエル好きなんですよ。本物のガマガエルもそうですけど、生き物ってけっこう「ずっしり」してますから、その心地よさなんでしょうね。

f0072231_2211336.jpg
吉祥寺にある中国茶の店でこないだ買った、セトモノのカメを、意味不明に背中に乗せてみました。中国茶の店ってあなどれないなあ。あたしゃカメも好きなんですよ。ところで古代インド人が考えた地球は、こんな感じじゃありませんでしたかね。あ、あれはカメの背中にゾウだったか。

Nikon D40 SIGMA18-50mm F2.8 EX DC MACRO /HSM
[PR]
by enikaita | 2010-03-31 22:14 | 西荻
「エイリアン襲来につき移転します」
f0072231_15442169.jpg
西荻のおとなり、吉祥寺の3月はいろいろと騒々しい。駅に隣接したユザワヤは移転で店じまい、こないだまで閑散としていたはずの伊勢丹には、「閉店」ということで人がごった返し、駅ビルのLONLONもどこがどう変わるのかわからないけど「アトレ」という名前に変わるらしい。こまかい話では、吉祥寺駅南口の「STONE」という喫茶店が閉店だそうな。これは残念。

で、西荻の3月もそれなりに変化の季節。「MUGEN」という古本屋さんはごらんのとおり、店内にエイリアンが巣くっているため、移転をするそうです。
……んなわけないですね。これはお店のディスプレイ。でもどこに移転するんだろう? よっしゃお店の人にきいてみようと思ってても、奥に入るまでにすっかりそういうことを忘れてしまうのが、この古本屋さんのいいところ。古本以外にもいろんなものを展示・販売しているのです。たぶんエイリアンも商品かな。

この日はお店の棚の上の方に、「風の谷のナウシカ」の王蟲のプラモデルを発見。ちょっと気になるなあ。でも小学生のころから苦手なんだよなあ、プラモづくり。今なら移転につき50%OFFだそうですよ。
Nikon FM Ai35mm F1.4S Natura1600
[PR]
by enikaita | 2010-03-13 15:48 | 西荻


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧