「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:西荻( 60 )
安藤久蔵 連続講演会 開催のお知らせ
f0072231_12403696.jpg

珈琲豆卸店アロマフレッシュを経営する、通称「西荻のフォレスト・ガンプ」こと、安藤久蔵さん101歳の連続講演会を行うことになりました。

90年前の小学生の生活から、大学時代に出会った文化人や実業家たちのウラ話、戦争体験、航海や登山などの冒険譚、そして85歳にしてアロマフレッシュを起業するにいたるまでなどを、毎月第三水曜日に、連続講演(10回予定)します。場所はかがやき亭

終了後は講演会をもとにした「安藤久蔵ものがたり(仮)」を出版する予定!

安藤久蔵 連続講演会 第一回
7月18日(水)午後6時15分〜9時

(講演7時開始/最初の45分はコーヒータイムです)
会場:かがやき亭
料金:1000円

(安藤さんの珈琲+西荻おやつつき)


 ある時は船団を率い世界の海へ、またある時は登山仲間と世界の高峰へ。太宰治と酒を酌み交わし、小津安二郎監督に映画界に誘われたこともあるという西荻の宝・安藤久蔵さん101歳の連続講演会を開催します。101歳にして驚異の体力を維持し続けるヒミツから、人生のウラ話まで、なんでもきいちゃいます。
 毎月第3水曜日、2013年4月まで全部で10回の講演を予定(早期終了の可能性あり)。終了後は、この講演を基にした「安藤久蔵ものがたり」(仮称)を出版する予定です。


聞き手=奥秋圭(西荻丼前編集長)


申し込みは
上画像の申し込み先まで、電話またはメールでご連絡くださいませ(画像はクリックで拡大できます)。
[PR]
by enikaita | 2012-07-09 13:09 | 西荻
西荻丼32号、出てますよ
f0072231_002991.jpg

だいぶブログでのご報告が遅れましたが、西荻丼の32号が出てますよ。

今回の特集は「西荻のマイスター/アトリエ・ベガ 深沢義一さん」。西荻北で金属の看板や造作物を手がける工房「アトリエ・ベガ」を主宰されている深沢さんへのインタビュー記事です。また深沢さんは、西荻の地域NPO「西荻まちメディア」の理事長でもあります。ずっと西荻にお住まいの深沢さんに、お仕事のことや、昔の西荻の様子、今後の「まちメディア」の活動もお聞きしました。

さらに、西荻じゅうにあるアトリエ・ベガ作成の看板の一部も紹介。お店の看板は街の表情をつくりますから、深沢さんのお仕事は、西荻にとってとっても重要なのです。

外面は「ニシオギのステキ包装紙たち」。歴史ある洋菓子店「こけし屋」、バッテラが美味しい「松寿し」などの包装紙を紹介しています。こけし屋のイメージ絵と、松寿しのお店の題字は、同じ人物によるものだったということをこの取材で知ってびっくり! よその人には「ふーん」という程度でしょうが、西荻住民ならこの驚き、わかちあってくれますよね(笑)

ぜんぜん本紙と関係ない話ですが、ツイッターで知った情報では、美内すずえの大長編マンガ『ガラスの仮面』、西荻のこけし屋での編集者とのミーティングでアイデアが出されたものだったとか。古くから文人の集うこけし屋には、他にもこういう逸話がありそうですね。

というわけで西荻丼は今号も、西荻の人にしかわからない記事満載! 西荻のいろんなお店においてあるのでお手にとってごらんくださいね。
[PR]
by enikaita | 2012-05-13 23:58 | 西荻
西荻丼31号は「西荻のすべり台」
f0072231_035923.jpg
毎度おなじみ、西荻のタウンペーパー「西荻丼」最新号31号が出ました。

今回の特集は「徹底比較! 西荻のすべり台」。西荻エリアの公園をひとめぐり。すべりまくって徹底調査しました! 圧倒的支持で西荻すべり台ランキング1位の栄冠を勝ち取ったのは、いったいどこのすべり台でしょうか! バカバカしくも必見の特集です。……それにしても寒空の中、いい歳した大人たちが、すべり台に興じるさまは、かなり異様だったかも……。すべりごこちや立地の評価はもちろんのこと、持参したメジャーで長さと高さも測定、傾斜角はiPhoneアプリの分度器で測るという念の入れようです。それにしても、ほとんどのすべり台は傾斜角が35度なのですね。もしすべり台をつくる機会があったら覚えとこうっと(笑)。

外面1は「THE手しごと市」の記事。西荻が誇るレトロ建築「井荻會館」で、毎月第4日曜日に開催されている、恒例行事です。布や革の小物、帽子にハンコなどのいろんな手しごと品を、作者本人が直接販売しています。記事は途中から、10月の手しごと市でやった「西荻丼全展示」の報告になってます。こちらのもようは、西荻丼のホームページでも紹介されてますので、ぜひご覧ください(こちら)。

外面2は「アトリエカノン」のチャリティライブ報告記事。聴きに行った丼員が、出演者の韓流グループにノックアウトされてしまったようです。

西荻の美味しい丼をリレーで紹介する連載「にしおぎのどんぶり」は私が書きました。ご紹介したのはクワランカカフェの「豚の角煮のせ高菜ごはん」。巨大なうつわに入っためちゃうま丼ですので、みなさまぜひご賞味くださいませ。

さて、かれこれ3年ほど西荻丼編集長としてやってまいりましたが、今回から編集長は次の方にバトンタッチしました。とはいえワタクシ、変わらず西荻で活動を続けてまいりますので、引き続きよろしくご愛顧のほどを。
[PR]
by enikaita | 2012-02-08 01:13 | 西荻
「西荻写真館」ご報告〜
f0072231_0324585.jpg
11月の西荻手しごと市の「西荻写真館」、滞りなく終了することができました。ありがとうございました〜。
アンティーク着物を着て、西荻の骨董・アンティーク店から借りてきた家具や小道具を使って、レトロ風写真を撮りませうというイベントだったのですが、たくさんのご予約をいただきまして、朝からフル回転でした。撮影班、着付班、コンシェルジュ班はじめ、手伝ってくださったみなさま、ご来場くださったお客様に感謝

f0072231_0371966.jpg
撮った写真は年賀状の素材などにされる方もいらっしゃるんでしょうね。その年賀状、見てみたいな〜

f0072231_0454137.jpg

当日手伝ってくれた二人(書生風スタイル)をモデルにテスト撮影したものを、ちょちょっと加工してみました。昭和の名人戦っぽい感じになりましたよ。
パソコンの中のフォトレタッチソフトや、インターネット上のオンライン画像加工ジェネレータなどで、いろいろいじってみてくださいね。
有名どころでは「幕末古写真ジェネレーター」。さっきの元写真をこちらのジェネレーターで加工すると、昭和どころか明治の写真! すごいのをつくった人がいるもんです。
f0072231_05176.jpg

「西荻写真館」、ご期待の声をたくさんいただいているのですが、次回は未定〜
[PR]
by enikaita | 2011-12-06 23:59 | 西荻
11月27日は「西荻写真館」(手しごと市@西荻)
11月27日(日曜日)は、毎月恒例、西荻の井荻會館で手しごと市開催。いろいろな手しごとモノの展示販売をするイベントです。手しごと市では毎回、「あらかると展」として、いろんなイベントをやっていますが、今回はオハリコフジヲ&エニカイタスタジオで「西荻写真館」をやります。

井荻會館近くにある骨董・アンティーク屋さんの協力を得て、レトロな調度品と、アンティーク着物で写真を撮りませんか、というイベント。ちなみに会場の井荻會館も絵になるレトロ建築です。おかげさまで写真館の予約はすでにいっぱいになりました!
お子さん用のアンティーク着物は当日貸出があります。記念撮影はいかがですか。
ご希望の方はカメラをお持ちくださいね。写真館の方は予約でいっぱいになっているのですが、撮影スペースを別途用意しておきます。

で、今日は骨董屋さんをめぐりまして、写真館で当日使う道具を選んでまいりました。
f0072231_142260.jpg
手しごと市の主催でもある「木土藍楽」さんから、まずは火鉢と鉄瓶セット。この鉄瓶、めちゃかっこいいです。
f0072231_1105976.jpg
きせると煙草入れ。男性が使うのもいいですけど、女子二人とかで使うと、かっこいいんじゃないかなあ。
f0072231_1123674.jpg
お正月を意識して獅子頭。ここで撮った写真を年賀状にされるという方もいらっしゃるので、お借りしてきました。めでたいでしょ。

f0072231_1144612.jpg
古い建具を扱っている「駱駝」さんから借りたのは、ヤマハの椅子とテーブルセット。楽器のヤマハが家具をつくってたんですね。折りたたみ式のモダンな椅子です。ほしいっ!ちなみにこの「ヤマハの椅子」というのは、骨董屋さんでは常識みたいで、どこの骨董屋さんも「ああ、あれね〜」とおっしゃっていました。

f0072231_1233673.jpg
家からは福助が出動します!

というわけで、27日は西荻においでませ〜
f0072231_125945.jpg

[PR]
by enikaita | 2011-11-25 23:59 | 西荻
西荻写真館(11月の手しごと市)
f0072231_10392832.jpg
毎月第4日曜日開催の西荻「手しごと市」、ハンドメイド品の販売イベントなのですが、いつもジョイントのオマケイベントが充実しています。11月27日(日)の手しごと市は、わたくしども(エニカイタスタジオ/オハリコフジヲ)が企画した「西荻写真館」でございます。

西荻といえば、アンティークと骨董の街。地の利をいかし、ご近所の骨董アンティーク店のご協力をいただきまして、着物と昔の調度品をちょっとお借りして、レトロ・コスプレ写真を撮りませうというコンセプトであります。

上のチラシもつくりました。うちのご近所に住むご家族に、昭和の家族の一家団欒風景をやっていただきました。なりきり具合はカンペキです。左の少年(とんきちくん)のびしっと伸びた指先に注目! 昔の写真ってたいてい、居住まいをビシッと正してますものね。

昭和の家族団欒スタイルで年賀状に、お嬢様のお見合い写真、文豪スタイルでポートレート、友人と女学生スタイルでなどなど、ただいま昔の写真をながめながら、シチュエーションのパターンを考えちゅうです。

f0072231_1132283.jpg
右上のカメラはわたくしの自慢品でございます。むふふ。ローライそのまんまじゃアレかなとおもったので、銘板を「NISHIOGIFLEX」に変えてみました(ちなみに当日の撮影は二眼レフではなくデジタル一眼レフですのであらかじめご了承下さい)。

f0072231_11123755.jpg

[PR]
by enikaita | 2011-11-03 11:17 | 西荻
西荻丼30号!
f0072231_0132379.jpg
毎度おなじみ、西荻のタウンペーパー「西荻丼」が30号目を発刊!

今回の特集は「ある時はデコポン、またある時はチビ〜平和通りの地域猫」。西荻駅南口、マクドナルドのところを入っていった平和通りの古本屋さん「にわとり文庫」とそのお隣りの果物屋さんでよく見かける一匹の猫にスポットをあてました。果物屋さんではチビ、古本屋さんではデコポンと呼ばれているそうです。デコポンことチビが、このあたりに住むようになったいきさつから、普段の生活、恋の話まで、ご近所の人にしっかり見守られている「地域猫」ならではの楽しいエピソードなど、周辺のお店にキキコミ調査しました。

外面は「西荻女子のひとりごはん」。仕事でクタクタになって帰って、家でひとり分のごはんをつくるのって大変でしょ。そういうときのための実用企画です。女子でも入りやすく、しかもおいしい、そんでもって深夜まで営業している西荻のお店を紹介しています。

西荻のあちこちで置いてありますので、お手にとって御覧くださいませ〜
[PR]
by enikaita | 2011-11-02 00:34 | 西荻
西荻丼29号、できましたっ
f0072231_949511.jpg毎度おなじみ、皆様に愛されて29号、西荻のタウンペーパー「西荻丼」の最新号が出ています!

今回の中面特集は「西荻女子のお楽しみ〜お散歩編」です。ここ最近のニシオギ、ほんのわずかな間に、代官山にありそうなおしゃれな店がまちがいなく増えてるんですよ。いったいどうしたんでしょうね。西荻丼では西荻オシャレ化計画の仕掛け人は誰だ?などという「ガイアの夜明け」的な展開はさておきまして、とりあえずおしゃれに敏感な丼員女子が、偵察を兼ねてお散歩してきました。
途中、土偶ワークショップに寄り道し、参加して土偶をつくってしまうあたりはさすが西荻女子、「代官山」への道のりは遠いな、と安堵いたしました。

南口の「モイスェン」さんはちょっとおおきめに紹介してます。ワタクシ、「白いケーキと黒いケーキがおいしい!」と、あちこちで言いふらしてるんですけど、どうもモイスェンさんからは「白と黒の人」と認知されてるようです(笑)。ほんとはチーズケーキとガトーショコラ。ヤバンな物言いで恐縮です。西荻女子ならずともオススメ。

外面記事は「3月11日、そのとき・その後」。4月時点での編集会議が、「地震の時、なにしてた? これからなにするの? なんかしなきゃ!」という話ばかりになっちゃったので、こういう記事になりました。まずは老若男女に大人気、西荻のカレー店「シタル」のアイドル、ネパール人のシタルちゃんが登場。どんな気持ちで今も日本にいるのか、ちょっと気になったのでいろいろ聞いてみました。
福島浜通り出身の丼員は、GWの休みを使っていわきでボランティア活動をしてきたとのことなので、その時のことをレポートしてもらいました。
乃木坂に勤める丼員メンバーは、3月11日に乃木坂から西荻まで徒歩で帰宅した時のことをレポートしています。

ここからは個人的な意見ですが、記事を読んであらためて、知ってる人、知らない人との出会いや支えや協力があるから、今日があるんだなと再認識しました。コマーシャルで言ってるみたいに「今ひとつになる」必要はないと思うけど、それぞれの考え方の多様性を認めつつ、ご近所力を高めていくことが、復興あるいは復興協力、ひいては(すごく遠回りかもしれませんが)原発依存を見直す手がかりになるんじゃないかしら。

西荻丼、西荻のいろんなお店で置いてますので、ぜひお手にとってご覧ください!!

配布先リストはこちらです
[PR]
by enikaita | 2011-07-25 10:52 | 西荻
THE・手しごと市 7月24日@井荻會館/西荻
f0072231_1044577.jpg
次の日曜(7月24日)は、西荻の手しごと市。毎週第4日曜日に西荻の歴史的建造物「井荻會館」で開催されています。今回の手しごと市、2Fはなんとオハリコフジヲが占拠っ!! 「ニシオギゆかたまつり!」をブチ上げちゃってます。ワッショイ〜!

というわけで、いろいろご紹介。
まずは「着付手帖ゆかた篇」。
f0072231_1025209.jpg
ガバッと開いて床に置けば、ゆかたの着付けができない人でもイラストを見ながら着られるようになるという、画期的着付本です。女子力アップに必携ですよっ!
f0072231_10245921.jpg
ゆかたの生地を表紙の装幀に使っていて、手触りが気持ちいいですよ。製本のやり方は、現在スイスへ修行の旅に出ている空想製本屋さんに教えてもらいました。

イベントとしては「ゆかた着付け教室」。プロの先生にゆかたの着付を教えてもらえます。自分で着たゆかたで街にくりだしたいという野望を抱いている女子、あちまれ〜! 12時からと14時からの回はまだ募集してます。着せてもらえるわけではないのでご注意ください。もちろん女子限定です。参加費は「着付手帖ゆかた篇」をすでに持っている人と、その場でお買い上げの人は1000円。そうでない人は1500円。

もう一つの注目は西荻で現在仮店舗営業中のRicettoさんによる出張ネイルサロン。
f0072231_10581878.jpg
こちらは、オハリコフジヲ氏こと、うちのヨメの指。かなりテンションがあがってるみたいです。ときどきぢっと手をみつめてゐます。

それから、6月にやった「オハリコフジヲのこどもじんべいや」で大好評だった「エクスプレスバッグ」を再販売!!
f0072231_11275752.jpg
あっというまに売り切れたエクスプレスバッグ(大)もご用意しました。マルテツならずとも要注目です!

ほか、オハリコフジヲ氏特製乙女ステテコのほか、西荻のいくつかのお店のご協力を得て、ゆかたや帯、履物、小物、ゲゲゲの女房も使っている買い物かごなどなど、いろいろ置いてます。こどもじんべいもちょっとだけ販売。あんまりゆかたと関係ないけど布ぞうり(室内用)もあります。めちゃ気持ちいいですよ。
f0072231_115394.jpg

というわけで、ぜひぜひ西荻まで遊びに来てくださいね。
あ、そうそう、一番上のちょうちんのロゴ、実はオレが描いてたりします。

ゆかた着付け教室への申し込みは
西荻手しごと市
まで
[PR]
by enikaita | 2011-07-22 11:41 | 西荻
チャサンポーの思ひ出
f0072231_10562613.jpg
先週の西荻チャサンポーで私が入手したもの。

コップは「すゞ途」さんオリジナルのチャサンポーカップです。紐がついてて、首からかけられます。つまりこれをぶら下げて西荻を散歩、あっちこっちのお茶を飲めということなんでしょうね。やかんマークがキュートです。

下に敷いたてぬぐいは「偶々屋(タマタマヤ)」さんのオリジナル。日本手ぬぐいを見るとついつい買っちゃうんですよね。
[PR]
by enikaita | 2011-06-13 11:02 | 西荻


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧