「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:音楽( 3 )
おらあコノノだ!
f0072231_114559.jpgここ最近はなんかものすごくバタバタとしているんだけど、にもかかわらず夕方には六本木ヒルズに行ってコンゴのグループ、コノノN°1をみてきました。

フレコミは「驚異のDIYバンド」っていう感じで、メタルパーカッションは自動車のホイールカバー、スピーカーもマイクも廃物利用、エフェクター代わりに王冠(瓶の栓のことね)をくくりつけて音を歪ませた親指ピアノにアンプをつけて、そのアンプもピックアップももちろんリサイクル。でも、そこばかりを強調しちゃうと、R・ルパージュのキャッチフレーズ「映像の魔術師」みたいなもんで、一面しか捉えていないから、けっきょく全体像が歪んでしまう。


6人編成のうちなんと3人が親指ピアノで、これらの音が絡み合ってすごいグルーブ感がたち上がるんだけど、こいつらが実はそれぞれベース、リード、サイドみたいな感じですみわけてて、「手作り」というところからくる素朴さとか、豪快さとかも持ちあわせながら、意外と洗練されているという印象もあった。

約90分のライブの最中、音がとぎれたのはわずか3回くらい。たぶん何曲か立て続けにやったんだろうけど、どの曲もエレクトリック親指ピアノの轟音で、曲の切れ目はわからず。これぞ本物のオルタナティヴ・ミュージック。強烈でした。
[PR]
by enikaita | 2006-08-25 23:59 | 音楽
コノノNO.1
f0072231_11502374.jpgまたもとりあえず情報だけですが、

コンゴ発、驚異のDIYバンド、「コノノNO.1」が来日です。

1933年生まれのマワング・ミギエンディを中心に、車のホイールなんかを使ったメタル・パーカッションと、瓶の王冠やら何やらで音の歪んだ手製のエレクトリック親指ピアノの轟音が、メタメタにミックスされてもうなにがなにやらよくわからないです。

試聴できます→http://plankton.co.jp/konono/index.html

■WORLD BEAT 2006 
出演:コノノNo.1、ROVO、渋さ知らズオーケストラ
8/27(日)日比谷野外音楽堂
15:00開場・15:45開演〜20:00終演予定
前売6,500円・ペア券12,000円(指定)
東京2公演(8/27野音+9/5クアトロ)セット券:11,000円
発売中:プランクトン、チケットぴあ
問:プランクトン 03-3498-2881
■コノノNo.1
8/25(金)六本木ヒルズアリーナ
17:30開場/18:30開演 前売2,500円(オールスタンディング)
発売中:プランクトン、チケットぴあ
問:六本木ヒルズアリーナ03-6406-6611/プランクトン 03-3498-2881
[PR]
by enikaita | 2006-07-25 11:50 | 音楽
おやじ祭り
ファンファーレ・チョカーリアを観に「さいたま」まで行ってきた。

開演の一時間前についたら、小ホールでマハラ・ライ・バンダの無料公演をやってるじゃありませんか!
タダで観れるとは、なんという贅沢な企画! 本番の大ホール公演でも、ファンファーレ・チョカリーアの出番の時にはマハラのメンバーが客席に出て来て盛りあげてるし、最終的にはチョカーリアとマハラのジョイントが実現!いったい何人舞台上にいるんだ?
客席のロマ好きの女の子を舞台にあげ、踊らせて、ドサクサまぎれにお尻触ってるし。まさに「おやじ祭り」でした。
しかし、無料公演でマハラとジョイントしてた「東京エスムジカ」という連中、まじいらなかった。マハラがすごくもったいない。
ともあれ、最強最速のジプシーブラスを二つも観ることができて、よかったです。
コチャニ・オーケスターはこないのかねえ?
f0072231_1858144.jpg

[PR]
by enikaita | 2005-10-09 18:57 | 音楽


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧