「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 08月 14日 ( 1 )
消えたノイズ
朝起きて、まず窓を全開にし、いつもテレビをつけるんですが、今日はつけた5秒後にぶちっと切れたので、てっきりうちの11インチ・テレビがついにぶっ壊れたのかしら、これでようやく液晶に買い換えだ! と思いきや、テレビの消えるのと同時にご近所の「ブーン」とか「ゴー」とかいう生活ノイズまでもが軒並み消えたことに気づいた。
20分後には復旧したが、停電のあいだ、きき慣れない静寂があたりをつつみ、ふだんがいかにノイズのなかでの生活であったかを思う。
大都市の脆弱性を露呈したとか、テロの新しい標的だとか、いろいろいわれるだろうけど、この停電の副産物はつかの間の静寂だった。もしも夜に停電が起きたなら、静寂は暗闇と書き換えられるだろう。

突然の停電は当然歓迎できないけれど、一年に一回くらい計画的な静寂や暗闇があってもいいような気がしてしまう。本当はどれくらい静かで、どれくらい暗いか忘れてしまっているから。

しかし、オール電化の家とか大変だったろうなあ。やっぱリスクは分散しとかないと。
[PR]
by enikaita | 2006-08-14 20:13 | 時事ネタ


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧