「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『七人みさき』多言語版
作=秋元松代、演出=ニーラム・マンシン・チャウドゥリー/国際交流基金フォーラム

まず、「多言語版」ってなんじゃい、ということなんですが、出演者がアジアの各国人で、その人たちがそれぞれの自国語で台詞を言いあう。そこでは例えば、台湾人とパンジャブ人が、実はお互いの言葉をまったく理解できないんだけど、まったく齟齬なく会話するという「お約束」を前提にした芝居である。観客もその「お約束」をよくわきまえた上で作品を観るわけだ。

近代日本の戯曲『七人みさき』。これは女性劇作家・秋元松代の74年の作品。平家落人伝説のある閉鎖的な村が、出稼ぎなどで男手も少なくなるなか、全村移転を計画する。それを仕切る村の有力者である男・健二と、その妹で巫女でもある藤との禁じられた恋。資本に取り込まれる農村、文明と原始、男性と女性、といった様々なモチーフを盛り込んでいるややこしい物語である。

この巫女が祀っている「あんとくさま」というのは、源平合戦の際に三種の神器と共に入水した安徳天皇のこと。諸星大二郎が大好きな私はここで、「閉鎖的な村が祀るタタリ神でもある旧時代の安徳天皇を召還して、大都市・東京に住む明治期以降の天皇との対決」というイメージを想起してしまった。でもこれは日本人以外には全く関係ないことなので却下。

この作品の演出を担当したインドの演出家、ニーラム・マンシン・チャウドゥリーさんはさらにクールであった。アフター・トークの彼女の発言によると、「この戯曲から様々な意味を読み取ることはできるが、それらはインドにおいても既にステレオタイプなものであり、あくまでストーリーとして活用したに過ぎない」ということだそうで、作品の内容については考えなかったということだ。

こういう態度は演出家としてどうなのよ、というかもしれないが今回のニーラムさんは実は全く正しい。インド、台湾、インドネシア、タイ、香港、シンガポール、韓国、マレーシア、オーストラリア、日本の10ヵ国の俳優が出演したこの企画は、普通の演劇と違い、作業が多くて時間がかかる。お互いの使用言語が違うからだけではない。まずそれぞれの演劇的背景や演技実践のズレを認識していかなければ、作品として立ち上がっていかないのだ。このような極めて実験的で野心的な企画であるにもかかわらず、ニーラムさんの日本滞在期間(つまり稽古期間)はたったの12日間(!)である。過去にリーディングで上演したこともあるとはいえ、わずか12日間の稽古で作品をつくることは実質不可能。しかも多言語公演で日本の台詞劇。このタイトなスケジュールの中でニーラムさんは自分のやるべきことを選択した。

『キッチン・カタ』のようなすぐれた舞台成果もあるニーラムさんは、物語の軸となる健二と巫女に自分のカンパニーの俳優を起用、そこだけはインドで稽古を積み重ねてきたそうだ。そのことによって作品の骨格を見せることに成功した。わずか12日間での驚異的な成果である。各国の俳優それぞれの特徴も表われていた。やはりもっと時間があれば、作品として充実したものになったのではないかと惜しまれる。それにしても、やはりこの戯曲選択には問題があるのではないか。チラシには「各地の言語が持つ多様な音の美しさをお楽しみ下さい」とあったが、あまりに多い台詞の量で、客席で字幕を追うのが精いっぱい。もっと台詞の少ない単純な作品がいくらでもあるだろう。もちろん戯曲を選んだのは彼女ではない。

たしかに「多言語上演」や「日本戯曲の海外演出家による上演」というのには魅力もあるし、具体的な意義がある。しかしそれを実現するためには相応の時間がかかる。日本人だけで普通に芝居をつくったとしてもわずか12日間で作品をつくることは不可能。これでは参加する海外のアーティストの「出稼ぎ」ではないか。アーティストを出稼ぎ労働者にするか、芸術家にするかはそのアーティストのモチベーション次第である。ニーラムさんのぼやきを聞く。インドでこの作品の稽古発表をしたときより、今日の東京公演の方が客が少ないというのだ。それから本番初日のいちばん忙しい朝に、突然ホテルを移動させられたらしい。企画者は具体的な成果重視のあまり、創作現場への配慮が決定的に欠如している。今後もこういった企画を継続していく必要はあるが、もっとじっくり時間をかけたものでなければならないだろう。
[PR]
by enikaita | 2006-02-25 19:46 | 舞台芸術
<< ふたたび『モローラ』から、いき... 『ダーウィンへの最後のタクシー』 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧