「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Petri Half/ペトリハーフ
f0072231_22293765.jpg

西荻にある伝説のリサイクルショップ「ジェット」で購入した、伝説のカメラ・ペトリハーフ。いったい何が「伝説」なのか。
まず「ジェット」のほうなんだけど、夜21時からの宵っ張り営業。毎日通勤通学で店の前を歩いてるという人も、けっこうその存在を知らない人が多い。圧巻の店内は、モノ雪崩を起こしそうなすさまじい物量である。西荻の隠れた名所だ。
次に「ペトリハーフ」。レンズの周辺にあるレバー……トリガーと言った方がいいかもしれない……でフィルムが巻き上げられるという、マニアックな機構を備えている。巻き上げが素早くできるのがウリらしい。もちろんその名の通り、オリンパス・ペンのようなハーフサイズカメラ。トリガーの機構がおもしろいことと、完全機械式だから壊れるかもしれない部分が少ないということで購入。あとで知ったんだけど、安値が定番のペトリ(栗林製作所)製カメラにあって、ペトリハーフはその機構のユニークさからか、わりと高値で取引されているのだそうだ。

家に帰って蛍光灯でチェックしてみたら、レンズが強烈に曇っている。まあいっか。とりあえず、12枚撮りフィルムを詰めて試写してみた(このフィルムで24枚撮れるんですよ)。……ピーカン晴れだったはずなのに、写ってた世界はモヤモヤと濃霧の中。ソフトフォーカスだとあきらめることもできたんだけど、やっぱりねえ……と、ネット検索したら、見つけました、ペトリを扱うカメラの修理屋さん(UCS)。元ペトリ社員の人が修理を担当しているらしい。レンズはきれいになるんだろうか。さっそく堀切菖蒲園にあるこの会社を訪ねてみた。杖をついた初老の男性がどうやらペトリの担当者らしい。眼光鋭い眼でレンズを覗き込み、「これは完全には直らんかもわからんね」といいながらも、「動きはいいね」と、ジーコジーコとトリガーを巻き上げ、シャッターを押す動作には、得体の知れない迫力があった。

で数日後、直ったとの連絡を受け、再度堀切菖蒲園へ。今日は男性の姿は見えず。戻ってきたペトリハーフに今度はポジフィルムを詰めてみる。バシバシとどうでもいいものを撮る。巻き上げが小気味いいから、撮影が楽しい。できあがった写真も前回みたいな濃霧ではなく、ちゃんと晴れてる。それにしても、トリガーに掛けた指が、ときどき不用意に写り込んじゃってるのがマヌケであった。
f0072231_22295460.jpg

[PR]
by enikaita | 2008-08-22 22:33 | カメラ・写真
<< ハイケイ おひゃり、おひゃ〜り、ひゅるいや〜♪ >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧