「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
中国謹製
なんか巷では「毒入り餃子」がブームらしいですが、かくいう私も冷凍餃子の大ファンであります。近所のサミットというスーパーで売ってる「三鮮水餃子」というやつなんだけど、これが皮がもちもちしててもう、めっちゃうまい。これだったら、自分でつくる手間もかからないし、いや〜、いいもの見つけました。

裏をみると「原産国 中華人民共和国」って書いてある。
なるほど〜。さすが本場でつくってるだけあるわい、水餃子は彼らの文化ですからねえ。水餃子とは名ばかりのワンタンみたいなやつとかもありますからねえ。そういうのと比べたらさすが中国人の誇りを感じます……ってオレ、ホントに大丈夫? 

中国には焼餃子なんてものは基本的にないんです。あれは食堂のまかない、余った水餃子を食堂の店員さんたちが陰でこっそり焼いて喰べるという、ケの食事。
一方水餃子はハレの食事で、特別な日の朝、チャイナ服のマダムがもちもちの皮で餡を包む、それをぐらぐら煮立った巨大な鍋に放り込む。で、招待されたお客さんはそれをハフハフしながらせっせと喰べる……あー、中国の一般家庭に一度でいいから招待されてみたいもんです。餡の包み方にもいろんなバリエーションがあって、それはそれぞれの家庭で伝わってるやり方だそうです。

それにしても連日餃子が新聞やテレビに出ずっぱりなもんだから、うまい餃子が食べたくて仕方ない。赤福偽装騒動の時も、もうほんとに赤福食べたかったんだよねえ、だってイメージ映像で出てくる赤福があまりにうまそうなんだもん。せめてもっと不味そうな映像にしてほしかった。「白い恋人」のときなんか、工場内部の映像とかがテレビで放映されてたんだけど、白衣を着たわたしが「白い恋人」工場の生産ラインの前に立って、ベルトコンベアで流れてきたできたての「白い恋人」をかたっぱしからむしゃむしゃ喰べるという妄想にかられてました。
[PR]
by enikaita | 2008-02-02 04:02 | 時事ネタ
<< 東京のゆきだるま せかいのはて >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧