「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
イザベラの部屋
f0072231_11472022.jpgベルギーからの刺客、ヤン・ロワース率いるニードカンパニーが『イザベラの部屋』をひっさげての来日公演。

事前に得ていた情報では、ヤン・ロワース氏は同郷の同じヤンであるヤン・ファーブルと同様に美術から演劇に入ってきた人であり、もうアヴァンギャルドでワケワカラン的なことを聞いていたので、かなり身構えて観劇に臨んだのですが、ふたをかけてみると、ちゃんとストーリーはあるし、要所で歌が入ったり、踊りもありの、それなりにエンターテインメント。ヤン・ロワース氏も自ら「ミュージカル」だと言っちゃうくらいですから。

舞台は1910年生まれのイザベラという女性が主人公。冒頭にまず、客電が点いたままの状態でヤン・ロワース氏自身が出てきて自己紹介、舞台上に全ての出演者が登場。基本的に出たり入ったりということはない。そしてそれぞれ「この人は○○を演じます」てな感じで出演者を紹介。これってチェルフィッチュの「○○が○○する場面を今からやります」っぽい。

イザベラは灯台守の養女として育てられ、本当の父母のことは知らない。養父母からは父はアフリカで行方不明になった「砂漠の王子」だと聞かされ、それを信じている。そしていつか、「砂漠の王子」に会いたいと願っている。養母は死去、養父は飲んだくれの日々。イザベラは本当の父を探すべくパリへ行き、養父が昔なぜか集めていたアフリカの古民具に囲まれながら生活。ソルボンヌ大学で文化人類学を学び、文化人類学者になる。養父はこの古民具のことは一切語ろうとせず、自分が死んだときに読むようにと、イザベラに手紙を渡し、やがて自殺。

……とまあ、こんな感じのイザベラ個人のストーリーに、第一次大戦、シュルレアリズム、ヒロシマ、ライカ犬、アフリカの内戦、『フィネガンズ・ウェイク』にデヴィッド・ボウイと、20世紀の各種トピックを絡めながら舞台は進んでいく。死んだはずの養父養母はいつもイザベラにくっついていて、死者とイザベラはいつでも対話できる。死者たちはイザベラの想念がつくりだした幻影だろう。井上ひさしの『頭痛肩こり樋口一葉』『父と暮せば』を思い出す。でもって、イザベラの右脳と左脳はときおりそれぞれ役者によって演じられる。イザベラは死者たちや右脳/左脳などによって微分される。

で、イザベラは自らの出生の真実を手紙で知る。愛人のアレクサンダーは日本の捕虜となりヒロシマにある三菱の鉱山で強制労働させられている最中に被爆、ここで地獄を目の当たりにした彼は、帰国後に精神に異常をきたす。彼の発砲をきっかけにやがてイザベラは全盲に。イザベラにはアレクサンダー以外にも恋人がたくさんいて、やがて黒人との子を出産。70年代後半、老いたイザベラは、実の孫と恋仲になる。その孫であり恋人のフランクはイザベラが憧れていたアフリカの地で内戦にまきこまれ撃たれて死ぬ。また孤独になったイザベラは、生きぬくために彼女の人生とともにあったアフリカの古民具をオークションで全て売りさばくことを決意する。

この作品を読み解く上での切り口はいくつもある。とはいえどれか一つだけ抽出しても作品の全体像はつかめない。ひとつ全体に通底するのは「嘘」だ。イザベラを騙し続けた養父(実は実父)、戦争が終わったことを嘘だと思っているアレクサンダー。飛行機の中で、イタリアから母国ベルギーに行く飛行機を、アフリカに戻る飛行機と勘違いし、「嘘つきだ!アフリカに帰りたくない!」と叫びながら心臓発作で死ぬ、実の孫で恋人のフランク。そして「砂漠の王子」を心の支えに生きるイザベラ。「嘘」が苦しみともなり、絶望ともなり、また心の支えともなる。
そのほかの切り口として、女と男のカンケイや、ポストコロニアリズム、唐突に出てきた「仏教」というのもあるが、イザベラが盲目であるということには注目したい。盲目のイザベラのかけるメガネが直接的に脳に映像を送ることができるようになっていて、全盲でも不自由なく見ることができるというSF的な設定がおもしろい。復員兵の狂人による発砲をきっかけとして全盲になったイザベラの目撃してきた20世紀後半は、彼女にとってはすでに幻影でしかない、つまり「嘘」ということでもある。

この作品はヤン・ロワースの父、フェリックス・ロワースにささげられ、イザベラの人生にはヤンの父とヤン自身がそれなりに投影されているものと思われる。ちなみにヒロシマでの話は彼の近親者の実話を元にしているらしい。あらすじや骨格だけこうやって辿っていくとなにやら陰惨そうだが、冒頭でも言ったことを繰り返すと、歌あり踊りありで、この陰惨さをつねに回避する。

公演終了後に舞踊評論家のTさんとともにヤン・ロワース氏のインタビューに臨む。英語でのインタビューのため、私は全体の5%も聞き取れてないのだが、このもようは『イザベラの部屋』テクスト掲載とともに6月ごろに出るシアターアーツ07夏号に収録される予定。(写真はインタビューに答えるヤン・ロワース氏)
[PR]
by enikaita | 2007-04-08 01:11 | 舞台芸術
<< ウルトラセブン 選挙権なんかいらない! >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧