「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
わがまち/行徳
行徳は、千葉県市川市の南部の、旧江戸川に囲まれたほとんどが埋め立て地のエリアで、同じ市川市でも総武線市川駅や本八幡駅周辺のエリアからは川と京葉道路によって分断されているため、隔絶された印象を受ける。地域的にはむしろ、浦安とのつながりの方が深い。地下鉄東西線が通っていて、南行徳、行徳、妙典の3つの駅がある。

ここに来る前は、そもそも「行徳」ってどこよ? って感じで、その位置すらいまいち分からなかった。
もともと都区内で営団地下鉄(当時)を利用できるところへ引っ越せば、交通費が安く上がるだろうという消極的なねらいでした。都区内で一番家賃が安く、交通費の面でも考慮しやすいエリアを探してみると、葛西と綾瀬が浮上した。で、東京中心部から見て鬼門方角にある綾瀬はここで避けることにした(笑)。だから当初、葛西に狙いを定めていたんだけど、葛西からほんの3駅先に行くだけで、明らかに10パーセント強くらい家賃が下がることに気づき、結局それまで全く馴染みのなかった行徳に決めたんです。

行徳という地名自体は『青べか物語』にも出てくるし、『沓掛時次郎』なんかにもちょこっと地名がでてくるような、それなりに由緒ある地名らしいですが、先述の通りほとんどが江戸期以降の埋め立て地なので、整然と碁盤目状に道路が整備されていて古さは感じない。昭和40年代の写真なんか見ると、完全な原っぱ。住み始めてから気づいたんだけど、町があたらしいから、寺とか神社とかがない。でも東西線の北側に平行してはしるバイパス道路の向こう側、旧行徳には寺も神社もいっぱいあって、古い街道の趣もある。神輿をつくる店があったり、道端に漁で使うらしい網が干してあったりするんだけど、でも東西線以南のエリアには、たぶん寺も神社もない。整備された公園が碁盤目の中に点々とあるんだけど、どうも落ち着かない。高い木がないんからじゃないかなと思いました。こどもがおもいっきり遊べるような広い公園も少ない。「交通公園」という、小さい道路とか、小さい信号機とか、かわいい標識とかがちりばめられたものがあって、遊ぶところまで道路になってるから、かわいそう。

駅からだいぶ離れたところには「野鳥の森」と呼ばれるところがあって、カワウがコロニーつくってうじゃうじゃいる。中にはセイタカシギのような希少な渡り鳥を見ることができるし、展望室に双眼鏡まで完備されている。行徳エリアでもっとも貴重な森林エリアだ。ちなみに「野鳥の森」の隣は宮内庁所轄の「鴨場」で、要するに皇室用の食用鴨を捕獲するらしい。あー鴨がくいてー、となんど思ったことか。

行徳は家賃が安いだけじゃなくて、物価も安い。野菜はさいしょは西友とかで買ってたんだけど、西友は全国どこも同じ価格。西友の裏にある小さいスーパーの方が安かった。でも、上には上があって、行徳オリンピックの近くの「岡田商店」という八百屋さんがすさまじい安さ。超ファンキーな黒人女性店員がいて、なんかいつも不思議な曲がかかってる。

この黒人女性に限らず、物価が安いせいだと思うんだけど、外国人が他のところよりも多い。それもアングロサクソンとかじゃなくて、南米・東南アジア・インド・アフリカあたり。そのせいかもしれないけど、タイ料理とかバングラデシュ料理とかの店もある。

引っ越すからこれ書いてるんだけど、もっとも名残惜しいのはおいしい料理屋さんにいけなくなること。行徳エリアでピカイチなのが「つきの樹」という名前の欧風カレー屋さん。一皿1200円からと、ちょっと高めなんだけど、カレー好きなら神保町の名店「ボンディ」に近い味だといえばわかるだろうか。小野武彦に似たシェフが丁寧につくるカレーは、行くたび感動するうまさ。営業時間は11時から15時までのランチタイムわずか4時間のみと、まるで富士吉田のうどん屋のような営業形態。
ランチにはほかにもいくつかすごい店があって、「ステーキ石井」のステーキランチも強烈。あとは「富ノ家」という韓国料理の店。韓国料理屋さんだったら大概、キムチとかが小皿で出てくるんだけど、「富ノ家」はそれが10皿もある。そのなかのトチノミでつくった餅(?)が好き。焼肉食べるなら「あぶりや」。

いまやどこも一緒かもしれないけど、パチンコ屋が多い。駅前にAIONというパチンコ屋ができてからはムクドリが3000羽くらい集まるようになって、夕刻には騒然となる。大きい本屋はない。本好きにはつらいが、図書館を最大限利用すべし。市川市の図書館は相当にでかい(行徳の図書館で市川中央図書館の本を予約できる)。古本屋もブックオフ系しかない。映画は妙典にあるワーナーマイカルシネマズで有名どころなら押さえられる。さすがに演劇やコンサートはほとんどないけど、最近できた公営ホールでは、ときどき井上ひさしの芝居とか、ピアノコンサートとかやってるみたい。

もともとが漁師町だったというのも関係あるのかもしれないけど、全体的にガラはよくない。ヤンキー率高し。

行徳への引っ越しを考えてる方、参考になりましたでしょうか。
[PR]
by enikaita | 2006-12-29 03:11 | コラム
<< 感動のおひっこし! 自転車。 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧