「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
仏の競馬
ホトケの競馬ではなく、もちろんフランス競馬「凱旋門賞」です。
それにしても、普通に地上波で海外の競馬が放映されること自体画期的。日本の馬が出ようが出まいが、ぜひ毎年放映してもらいたいもんです。
フランスの競馬中継映像が新鮮だった。ロンシャン競馬場の2400メートルはスタートから直線が続くんだけど、その直線に平行して荷台にクレーンカメラを積んだトラックが併走する。疾走するサラブレッドとカメラの間を、いくつもの木陰が通過する。やがてコースは右に大きなカァヴを描き、直進するトラックはコース上のサラブレッドたちから遠ざかっていく。その姿がとても美しかった。日本の競馬中継は基本的にメインスタンドからの定点観測で、スタンドの反対側は決して見やすくないし、美しくない。でもこの中継を日本でやるにはトラックが走れるぶんだけのコースの大改修が必要になってしまう。

負けてトボトボと歩くディープインパクトをずっとカメラが追っていったんだけど、その背景にもそこかしこに木陰があったり石造りの建造物があったりと、競馬場の風景が美しい。広いと思っていた日本の競馬場がすごく狭く感じた。

とはいえロンシャン競馬場にも問題はある。それはコース内側が駐車場になっていること。太陽の光を反射してキラキラ光る自動車は馬の体より輝いていて都合が悪い。
[PR]
by enikaita | 2006-10-02 02:03 | 時事ネタ
<< 『カポーティ』 ADT(オーストラリアン・ダン... >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧