「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブラジルのヒミツ
ブラジル・サッカーの強さの秘密はサンバのリズムにある、という研究を大真面目にやっている日本の大学研究者がいるらしい。試合前のブラジル選手控室では、持ち込まれた太鼓でサンバを踊り士気を鼓舞している。勝利のあとには勝利のサンバ。たしかにこんな陽気な連中に勝つのは大変だ。
ブラジル・サッカーがサンバだとすれば、アルゼンチンの強さの秘密はタンゴにありそうだ。イタリアはカンツォーネ、フランスはシャンソン……ということで、まあ結局なんでもいいのだが、だったらアフリカ勢がイマイチなのはちょっと納得いかない。

さて、ジーコ・ジャパンはどんなリズムでやっているのかというと、これがよく分からない。ただ今回のW杯のNHK放映では、オレンジレンジがつくったふぬけたイメージ・ソングが耳につく。この曲を聴くと脱力感に襲われ、勝てそうな気分も一気に吹き飛んでしまうのは私だけではあるまい。オーストラリア戦のグダグダな敗退もこの曲に一因があるのではないか、と勝手に考えている。

一次リーグも終わりに近づいてきたので、四年に一度のにわかファンである私にもそろそろ各国の特徴がわかってきた。メキシコは澱みないパスの連携が鮮やかで、ルチャ・リブレにおける技の掛け合いを想起させる。アメリカもプロレスっぽい。アメリカ代表が「国を代表して戦争にきた」「これは戦争だ」などと、大げさな発言をしたため、「さすがに戦争は言い過ぎ」と嗜めたイタリアとの試合は大荒れ。三人の退場者が出て、イタリアは本来の力を発揮できず、試合前のパフォーマンスにまんまと乗せられた。アメリカはなにごとでも駆け引きがうまい。
日本の特徴は「うまくいけばパスをつないで相手を翻弄する」サッカーらしい。前回のW杯ではそういった特徴はよく分からなかったから、なんか特徴ができただけでもすごく進歩したような気がする。しかし時にそのパス自体が目的化していると批判されもする。まるで己の技に溺れたサムライだ。

ブラジルにおけるサンバは個々の選手に弾みをつけていくだけでなく、選手相互がリズムを共有するために必要な手段なのかもしれない。日本代表が試合前に陽気にサンバはありえないが、なにかジャパン・オリジナルな歌を朗唱してみるのもいいかもしれない。……でも、あいにくとそんな歌が見あたらない。相撲甚句、炭坑節、こきりこ節、五木の子守唄、演歌にムード歌謡……2010年はなんでも試してみるべし。
[PR]
by enikaita | 2006-06-22 17:02 | 時事ネタ
<< 関東甲信越「小さな旅」 きれいはきたない? >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧