「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
シアターアーツ54(2013春)表紙写真
f0072231_2184018.jpg
シアターアーツ54号表紙写真の非掲載バージョンを公開です。まだ肌寒い頃、福島県のいわきで撮影しました。いわきの劇場・アリオス前にはまだ雪が残っていました。
f0072231_21102372.jpg
日が当たるところは雪が溶けています。アリオスの前は芝生の広い公園になっていまして、楽器の練習をされている方などもいらっしゃいました。
f0072231_21163653.jpg
こちらはアリオスの反対側。小川が流れています。河川敷の斜面には春の気配。
f0072231_2117873.jpg
いわき総合高校へ移動。校舎の1Fには生徒が描いた満開の桜。2011年3月11日の後の福島を震源とする大規模な余震により、校舎が壊れ、立て直しが決まったのだそうです。おそらくもう解体が進んでいるものと思います。
f0072231_2120294.jpg
いわき総合高校の校庭では、今回のシアターアーツにも上演テキストが掲載されている『ブルーシート』の開演前。整然と並んだ椅子とポプラ並木に、なんともいえぬ緊張感がありました。右のプレハブは震災後につくられた仮校舎。生徒にとっての「思い出の校舎」が、用が済んだら解体される仮の建物であるというのは、なかなかせつないものですね。
f0072231_21235359.jpg
こちらは終演後。陽が傾き、ポプラ並木が校庭に長い影を落としていて、とても美しかったです。
f0072231_2123269.jpg
というわけでこちらが表紙に採用された写真。やはりこの仮校舎を入れ込んでおきたかったのですね。

最近、近所の古い町並みなどの写真を見る機会が増えているのですが、しっかり整理されたぱっと見いい写真よりも、ごちゃごちゃとした街のスナップ写真をじっくりとながめてしまいます。今まだわずかに残っている建物を手がかりに、当時の風景を脳内で再現したり。やがて消える校舎と、きっと変わらぬポプラ並木の対峙は、数十年後にどのような風景に変貌しているのでしょうか。
[PR]
by enikaita | 2013-05-05 21:41 | 舞台芸術
<< 6月8日(土)、西荻夕市の西荻... シアターアーツ54(2013春... >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧