「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
シアターアーツ52 2012秋号できました
f0072231_239569.jpg
表紙のデザイン・表紙写真の撮影・中のレイアウト・写真等々、いろいろやっている演劇批評雑誌「シアターアーツ」の最新号(52・2012秋)ができました。

今回の目玉は特集「公共劇場のあゆみ」。国立劇場演劇の芸術監督・宮田慶子さん、世田谷パブリックシアターの芸術監督・野村萬斎さん、静岡県舞台芸術センターの芸術総監督・宮城聰さん、それぞれ、開場15周年を迎えた公共劇場の芸術監督へのインタビューです。中のインタビュー写真はワタシが撮りました。

3人へのインタビューをチラ聞きしながら個人的には、宮城聰さんがおっしゃっていた「地域の文化的アイデンティティ」のお話を興味深く聞きました。それぞれの土地柄に根ざした産業や独特な食習慣が、観光資源としてもてはやされている昨今ですが、日本国内においては地域差なんてものは実はほとんどない、というようなお話。たしかに日本は、どこまで行っても田んぼばかりですものね。アーティストの役割、公共劇場の役割はそういうものを超越してつくっていくことなのだ、というようなお話だったかと思います。

掲載戯曲はマレビトの会『アンティゴネーへの旅の記録とその上演』。フェスティバル/トーキョーのプログラムとして、これから上演される作品ですから、観劇前にチェックされるのはいかがでしょう。

表紙の写真、今回もかわいいですよ〜。撮影は静岡県舞台芸術公園内にある楕円堂の前で行いました。当日はあいにくの雨でしたが、前号の撮影の時も雨だったんですよね。次号撮影の時はテルテル坊主を吊るす予定。

[第三次]シアターアーツ52 2012秋
http://theatrearts.activist.jp/
[PR]
by enikaita | 2012-11-01 23:15 | 舞台芸術
<< 安藤久蔵さん連続講演会第5回は... 志の輔らくごin ACT「中村仲蔵」 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧