「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近つくったもの2012年1〜2月
f0072231_0512438.jpg

まめに更新すればいいものを、ついついさぼってしまっています。ここ最近作ったチラシを一気にご紹介。まずはテラ・アーツ・ファクトリー『最後の炎』。数年ずっと作らせてもらってますが、いつも幅185ミリの変形A4サイズです。演劇のチラシって、A4サイズが暗黙の標準になってるんですけど、個人的にはちょっとやぼったいカンジがするんですよね、A4って。この大きさ、もっと流行らないかなあ。
写真は演出家の林さんがドイツのニュルンベルク博物館に行った時のスナップで、それをザクザクと加工しました。

公演情報
テラ・アーツ・ファクトリー『最後の炎』


f0072231_031932.jpg
いつも作っている世田谷パブリックシアターの劇評レクチャー「舞台芸術のクリティック」です。デザインはずっと同じで、色のパターンを変えてます。今回は春なので(?)濃ピンク。

開催情報
世田谷パブリックシアター「舞台芸術のクリティック」


f0072231_0341031.jpg
オイリュトミーユニット・コルヴスのお二人が、仙台で公演『時代の未明から来たるべきものへ』を上演するので、それの仮チラシ。西荻のハンサム食堂(完全に余談ですが、仙台の方がいらっしゃるそうで、今なら復興支援チャリティもあって東北の酒が安いのです!)で相談しているうちに、だんだん盛り上がっちゃって、仮チラシどころかプレミアムチラシに。B4サイズのトレーシングペーパーに印刷しました。これはデータなので、素材感が全然出てないのが残念。真ん中の曼荼羅みたいなのはTOJUさんという美術家さんの作品に某有名建築物の航空写真を重ねあわせたものです。

公演情報
コルヴス『時代の未明から来たるべきものへ』仙台公演


f0072231_0433023.jpg
最後にもう一つ、雷ストレンジャーズという劇団のシラー作『たくらみと恋』。演出の小山さんは、私の暗黒時代(笑)をちょっとだけ知る人物。昨年ちらしをつくった『ITI世界の秀作短編研究シリーズ・ドイツ編』の公演の時に、ハイナー・ミュラー作品を上演していらっしゃって、約10年ぶりくらいにお会いし、ちらしをつくることになりました。阿部剛史さんが書いた絵に文字を載せました。

公演情報
雷ストレンジャーズ『たくらみと恋』

[PR]
by enikaita | 2012-02-26 01:03 | 舞台芸術
<< [第三次]シアターアーツ創刊50号! 日本劇作家協会「戯曲セミナー」 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧