「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
安藤久蔵100歳登山隊(その3)
f0072231_18443986.jpg
ロープウェイで行ける千畳敷から木曽駒ヶ岳(2956メートル)の山頂へは、いったん木曽中岳へ登ってそこから少し下り、再度登りかえさなければなりません。今回は団体登山ということもあって、行動時間が短く、100歳の安藤さん85歳の矢島さんは中岳で憩いの時を持ち、登山隊の他のメンバーの木曽駒往復を待つことになりました。ここで無理をしないのが長寿の秘訣? とはいえ中岳の標高は2925メートル。気圧の関係でお菓子の袋なんかがパンパンにふくらむような場所ですから、こんなところまで登ってきた合計185歳に乾杯です! 

f0072231_1915450.jpg
そのスーパーじいちゃんズの中のもう一人、85歳の須田さんは、メラメラと登頂に意欲を燃やしていました。登山家の安藤さん、地元の矢島さんと違って、木曽駒は初めてとのことだったのです。ならばと私は須田さんに同行しました。中岳から木曽駒ヶ岳山頂往復は、1時間もあれば十分。というわけで須田さん、あっけなく登頂

いったん木曽駒から下り、再度中岳に登りかえします。頂上で待っていたのは矢島さんと安藤さん。
f0072231_1901352.jpg
矢島さんはさわやかな山頂の風にあたりながら、昼寝タイムを満喫していたようです。

f0072231_194209.jpg
全員がそろったところで、ここからは集団で下山。安藤さんを先頭に、中岳山頂から下山地点まで稜線移動開始。スタスタと前を行く安藤さん。
f0072231_1944678.jpg
本格的な下山開始の前に記念撮影。270歳登山隊の揃い踏みです!! 左の岩、人の顔みたいでしょ。これが天狗岩です。
f0072231_1972057.jpg
下山の先頭を行く安藤さん。下りが速い! その理由は足元の安定感。驚きました。たとえば誰しも、ちょっと浮石を踏んじゃってバランスを崩すものなんだけど、安藤さんがもしそうなったとしても、ぱっとバランスを取り直してリカバリーするんです。体力は50代〜60代で通用するんじゃないでしょうか?
f0072231_19103056.jpg


というわけで無事、千畳敷に下山!
f0072231_19104483.jpg
まさに凱旋の図です。ちょっと昼食。登山のつかれも見せず、立ったまま全員分のコーヒーを淹れる安藤さん。ワイルド〜!
f0072231_19112830.jpg

あとはロープウェイで下るだけ。雲の上から雲の下へ。その途中の、雲の中を通過中です。
f0072231_1913939.jpg

ロープウェイを降り、あらためて無事に戻ってきたよろこびをかみしめ合う安藤さんと矢島さん。おつかれさまでした〜!
f0072231_19135475.jpg

本当に貴重な機会でした。またあるといいなあ。次はどこに行こうかなんて、そういう話をする100歳。そういう人に、わたしはなりたい。(おわり)
[PR]
by enikaita | 2011-08-28 19:34 |
<< 豪と彩、スナック大宮 安藤久蔵100歳登山隊(その2) >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧