「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
『ハノーヴァの肉屋』ほか
f0072231_2348449.jpg

ここ最近つくったものをまとめてご紹介します。まずはリーディング体感劇『ハノーヴァの肉屋』のチラシ。『糸地獄』や、寺山修司との共作『身毒丸』などの代表作がある岸田理生さんの戯曲です。 リオフェス2011(第5回岸田理生アバンギャルドフェスティバル)参加作品。
なんでも、肉を食べる話だそうですので、ならば、とまずフォークとナイフをちりばめてみました。でもなにか足りない、もっと食い散らかした感じにしたいな〜と思い、バックの地模様に汚れ画像を入れ込みました。この画像は、友人が母親から受け継いで長年愛用しているかなり年季の入った料理本の見返し部分をそのままスキャニングしたものですので、シミに説得力がある仕上がりとなっております。

『ハノーヴァの肉屋』
2011年7月5日(火)〜8日(土) こまばアゴラ劇場

公演の詳細はこちら

f0072231_0382660.jpgf0072231_0382727.jpgf0072231_0382719.jpg次は世田谷パブリックシアターのレクチャー「世田谷アーティストトーク」と「舞台芸術のクリティック」のチラシ。以前に一度つくっているシリーズなので、今回は前回の色違いバージョン。
世田谷アーティストトーク」は第1回目がすでに終了しておりまして、2回目は7月19日、ひょっとこ乱舞(劇団名です)の広田淳一さんがゲスト。
舞台芸術のクリティック」は、劇評の実践レクチャーです。
詳細はこちら
世田谷アーティストトーク
舞台芸術のクリティック



f0072231_0254956.jpgさらにもう一つ、やなせたかしさんの絵本『やさしいライオン』をミュージカルに仕立てたリーディング・ミュージカル『やさしいライオン』(脚色・作詞・演出=篠﨑光正、作曲・出演=三島由起子)の公演プログラム。表紙の地模様はライオンの毛です。先日、上演を見てきましたが、将来の『アニー』をめざす子役ちゃんたちが大量出演。チビッコたち、めちゃめちゃがんばってて、オレの涙を誘いましたね。
[PR]
by enikaita | 2011-06-23 23:59 | 舞台芸術
<< [第三次]シアターアーツ47 ... 高尾山から陣馬山へ >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧