「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ペトリハーフで高遠散歩
高遠から帰ってきてから半月が経過しているので、だいぶ記憶がうすくなってきました。写真に撮っておいた風景を後でもう一度見てみれば、その時の記憶がよみがえることもあるかもしれない、でもむしろ、あまりの鮮明さに「こんな場所だったけっか?」なんて違和感を感じたりもすることもあります。網膜に刻まれた残像ってとってもあやふやなんです。

ペトリハーフ
で撮った写真がようやく現像されました。ペトリハーフの写真は「まるで悪夢のような写り」。あやふやな記憶がその写真で再びよみがえるわけでもなく、あまりの鮮明さに違和感を感じるわけでもない。網膜に刻まれたあやふやな残像がそのまま、プリントされたかのように錯覚してしまう、まるで頭の中身を覗かれているような奇妙な感覚です。

f0072231_12442135.jpg

人を撮る時も相手にプレッシャーを与えないし、なんでも気軽に撮れるところがいいんだけど、自分の記憶に準じてか、しょーもないものばっかり撮ってんだよね、これが。記憶ってのはたいてい、無意味なものの蓄積だったりするのかもしれません。
f0072231_1248592.jpg

[PR]
by enikaita | 2010-10-11 12:53 | カメラ・写真
<< 伊那市駅から伊那北駅まで歩く 高遠その4 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧