「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
恐怖! 振り子電車!!
f0072231_20274596.jpg

新宿7時ちょうど発の「スーパーあずさ1号」。これで向かったのは岐阜県の中津川。途中の塩尻で特急「しなの」に乗り換えて、到着は11時くらい。西荻からだと、新幹線で名古屋経由とはさほど時間が変わらないのよ。こっちのほうがずっと安いもんね。めざといなあ、オレって

さて長時間の電車移動、これだけ時間があるのなら、バリッとした小説が一冊くらい読めるんじゃないか、いつも電車に乗るときは本を読んでるからね、と持ってきたのが、家の中で長いこと積み置かれていた大江健三郎の「万延元年のフットボール」。ノーベル賞作家の代表作であります。
で、電車は出発。さっそく読み出し、しばらくして、小仏峠のトンネルを抜けたあたりで、なんかちょっと体がしんどくなってきたのよ。……これってもしかして、車酔い? 

かつては激しく車酔いする子どもだったけど、最近はさすがに山岳路線で2時間のバスとかも平気。今日はちょっと寝不足だったのかなあ。「万延元年のフットボール」は早々に諦めました。こういう時は外の遠くの景色を眺めるのが一番ですな。それにしても電車酔いとはねえ。船や車ならともかく、あまり人には言えないわな、こりゃ。

f0072231_2052656.jpgそんなこんなでようやく乗り換えの塩尻駅に到着。駅のベンチに座り込んで接続の「しなの」を15分くらい待ちます。特急から特急への乗り換えって、子どもの頃に憧れてたよな〜、むふふ。……そんな甘ーい感慨に浸りながら、「ハッ!」と思い出したんです、あの頃に見た「でんしゃ図鑑」のことを。たしか、図解が添えられてこう書いてありました。


L特急しなの(ふりこ電車)
カーブが多い中央西線を走る「しなの」はたしか、日本初の振り子電車。そんでもって、ここまで乗ってきた「スーパーあずさ」も振り子電車だったはず。カーブを曲がるとき、車体が振り子のように遠心力がかかる方向に動く電車で、そうすると普通の電車より高速でカーブを通過できるんだよね。この「車酔い」の原因はもしや、「振り子電車」のせいでは? そういや普通の「かいじ」に乗ったときはなんともないもんなあ。で、Wikipediaで「振り子式車両」を調べてみたら、その理由に「通過速度の向上と乗り心地の改善」とあった。やっぱりWikipediaは信用ならないわ(笑)。

なんだか「しなの」に乗るのが怖くなってきました。また気持ち悪くなるのか〜。でも乗るしかないのですよ。ここから中津川までの区間、普通電車はほとんど走ってないんだから。オエ〜。(つづきます)
[PR]
by enikaita | 2010-09-22 21:26 | 旅行
<< シアターアーツ44 2010秋 本物のパワースポットを紹介します >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧