「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オイリュトミーパフォーマンス『PSALM』
年度末の大そうじ。先日の黄砂で汚れた家の窓を拭いてピカピカにしました。
そのピカピカの窓に、先日つくったオイリュトミー公演『PSALM』のチラシをセロテープで貼ってみました。
f0072231_23214545.jpg

鯨井謙太良邑(良が偏で邑が旁、珍しい字です。やむなくこのような表記に)さんと定方まことさんのオイリュトミー・ユニット「CORVUS」の初回公演です。参考までに言っておくと、「オイリュトミー」はダンスの一種。音符や歌詞を、身体の動きに置き換えるという作業を行う、独特の方法を持ったダンスです。日本では舞踏家の笠井叡さんが第一人者。

なにやらはっきり読めないチラシだなあとお思いでしょう。それもそのはず、このチラシはトレーシングペーパーでできています。しかも二つ折りの内側面のみ印刷。ぱっと見よくわからない。だから窓に貼ってみたというわけです。

f0072231_23222892.jpg
それで開いてみるとこんな感じ。こちらが印刷面です。左側はハデハデ、右側はその影。右側にいるスキンヘッド両氏が、鯨井さんと定方さん。キャッチコピーはパウル・ツェラーンの言葉より引用「誰もいないが、誰でもない者がいるから」。このキャッチがあるので、左側には服だけがあって誰もいない、そんでもって右側には、影だけどちゃんと人がいるんですねえ。それで二つに折りたたむと、二人が着せ替え人形のように色つきの服を着る。トレペだから透けるんですねえ。そういうちょっと変わったチラシになりました。前からつくってみたかったんですよ、トレペのチラシ。WEBとかでは、このガジェットは表現不可能。手に取った人にしかわからないチラシですね。

コルヴス オイリュトミー パフォーマンス
『PSALM』プサルム ー裏返しの讃歌ー
6.5(Sat)19:30
6.6(Sun)15:00/19:30
中野テルプシコール
構成・演出=鯨井謙太良邑+定方まこと
前売=2500円


PSALM情報はこちら
[PR]
by enikaita | 2010-03-30 23:36 | 舞台芸術
<< もう冬眠から醒めましたか [第三次]シアターアーツ始動 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧