「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おまけの投票用紙
アタシゃねえ、「衆議院議員選挙」なんていう出来レースには興味ないのよ。
このさいもう、NHKの出口調査だけでいいじゃないですか。結果はわかってるんだから。
そんなんじゃなくて、ホラ、もうひとつ大切なのがあるでしょ、三権分立の礎が。
 
でもさあ、「最高裁判所裁判官国民審査」って、機能してませんよね。報道も皆無だし。新聞に挟み込まれて、それぞれの裁判官の判例が紹介されてるビラが配られるぐらい。それにしてもあの公報って、「×つけたるぞ、よっしゃ〜!」と盛り上がった気分を一気に萎えさせるくらいに読みにくい。で、結局誰がどんな裁判をしたかがわからないまま、「国民審査」自体の存在もいつのまにやら忘れてしまい、投票所で投票用紙をもらい、名前の羅列を前に呆然としてようやく、「そんなんあったわ〜」と思い出すのがいつもの流れ。

でも、そこはさすがにネットの時代。ちょっとググってみたらば、あるわあるわ、国民審査の判断ページ。なかでもとくにわかりやすいのがココ。↓

「最高裁 国民審査の×ガイド」

さあ、メモれ〜! メモったか〜?(「うなずきマーチ」風に)

……ともかく、せめて新聞も、このくらいのまとめ方をしてほしいもんです。
永井愛の舞台『歌わせたい男たち』を愛するワタシとしましてはやはり、「あの」判断をした裁判官の名前は知っておきたかったのですよ。

今回の国民審査で扱われる判事の中でもちょっと変わりダネなのが、竹内という判事。
この人、小泉政権時代の外務省事務次官で、イラクへの自衛隊派遣を推進した人物なのです。いつのまにこんな人物が最高裁判事をやってたんだ? 高裁がこの派遣を、憲法に違反すると判断したことがある(08年)だけに、その上位にある最高裁の判事が、こういう人物なのって、何かの陰謀かしら? ちなみに最高裁判所の判事を任命するのは内閣の仕事。ここでは麻生内閣ですね。そんなアヤシゲな人に×をつけられるんだから、国民として、この権利を行使しない手はないですよ!
[PR]
by enikaita | 2009-08-28 09:40 | 時事ネタ
<< 東急ハンズ新宿店で「写真展」! 月に二回のペイデイ(沖縄のつづき) >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧