「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
マナとカナ(沖縄二日目)
f0072231_0115951.jpg
さて、なんで沖縄にいるのかというと、「キジムナー・フェスタ」という児童劇のフェスティバルで、二本の芝居のちょっとしたお手伝いをするためなのです。そのうち一本はイギリス演劇のリーディング公演、『ハンナとハンナ』。皆さんご存じの双子女優、マナとカナが主演です。

テレビのバラエティ番組などでは驚異の「シンクロ率」で、場を盛り上げるお二人ですが、稽古を拝見し、すぐ気づいたのは、「あれ、もしかしたら二人って、それぞれかなり性格が違うかも?」。
そう、テレビのバラエティ番組ではそこんとこはきっと「編集」されてたのです。この二人は、(メディアに要求される)シンクロ「芸」とは全く別の次元で、それぞれ対照的な性格の持ち主。それはおそらく無意識にだと思いますが、二人はこれまで、兄と妹、あるいは姉と弟のような、微妙な役割をそれぞれが担って、関係性を円滑にしてきたのかも。完全に二人が同じ性格で並立していたら、あそこまで気持ちよく「シンクロ」できるのかなあ。ついでに言っておくと、姉のマナが女性的、妹のカナが少年的なポジションなのです。みなさん、テレビでマナとカナを見たらば、チェックしてみてください。ちなみに写真は両方とも、今日の稽古の様子。左が茉奈さんで右が佳奈さんです。

で、『ハンナとハンナ』。たまたま同じ名前のイギリスの下町っ子ハンナと、コソボ難民のハンナの、二人の友情を描いた物語。そう、今回の芝居の役では、この二つの役は双子どころか姉妹ですらないのです。そして二人の性格はマナカナくらい対照的。稽古を見て、いわゆる「あて書き」なのかと思ったくらい。でもこれって翻訳劇なんですよね。

まあともかく、気になった人は沖縄まで足を運んでくださいまし。
えっ? 台風が来てるんですって? 不安だな〜。まあ、本場の台風の迫力を満喫します……。
f0072231_0124573.jpg

[PR]
by enikaita | 2009-08-04 23:59 | 舞台芸術
<< 児童劇、あなどる勿れ。(沖縄三日目) 沖縄一日目。 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧