「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
『転校生』のついでに「シアターアーツ38」はいかが。
f0072231_018971.jpg毎度私が編集のお手伝いをしている、国際演劇評論家協会発行の「シアターアーツ」38号が出てます。

今号の注目記事は、劇作家・演出家の唐十郎さんに自身のルーツを聞いたシンポジウム「唐十郎の劇世界」。

旬なものとしては、昨年は『ムネモパーク』、今年は『カール・マルクス:資本論、第一巻』と、2年連続でびっくりさせてもらったリミニ・プロトコルより、メンバーのうちのヘルガルド・ハウグさんとダニエル・ヴェツェルさんのインタビューが載ってます。『カール・マルクス:資本論、第一巻』がどんなふうにつくられたのか? 今後の作品構想はどんなものなのか? 興味深い内容ですよ!


一般書店では置いてないことが多いけど、池袋駅西口に3月29日まで営業中の「伊藤キムプロデュース・おやじカフェ」で売ってます。「フェスティバル/トーキョー」今年のラスト・ステージである東京芸術劇場の飴屋法水演出・『転校生』観劇のついでに、ちょこっと立ち寄って、お手にとってみてくださいまし。

ちなみにワタクシ、本日『転校生』を見て参りましたが、これはなかなか必見の舞台と思います。確実に1秒ずつ時が過ぎていく中、本物女子高生たちによるカオス的会話から、時々ドキッとするような言葉が飛び出してきて……などと言いつのってもワケがわからないでしょうから、まだチケットを取ってない人は、ともかく当日券に並ぶことをオススメします。
[PR]
by enikaita | 2009-03-27 00:20 | 舞台芸術
<< 新年度の出会い てんとう虫 >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧