「日報」を名乗りながら、更新はときどき。
by enikaita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
そこはパラダイス!
f0072231_23321695.jpgおばあちゃんの原宿、巣鴨の地蔵通りをひたすらに行くと、そこにあるのはなんと……「天国」!!!

あ、巣鴨が大好きなおばあちゃんたちが、ウロウロしているうちにいつしかあの世に辿り着いてしまう、というような不謹慎な意味ではありませんよ! 
「天国」というのは外観もすてきなパチンコ屋さんの名前です(写真/レトロを強調しようとして、ちょっと画像加工をやりすぎましたね、こりゃ)。
このパチンコ屋さん、Wikipediaにも記載があるくらいの、知る人ぞ知る有名店。わたしはあまり詳しくないんですけど、店内のパチンコ台までレトロで、マニアックなパチンコファンの聖地なのだそうです。一部ではそのままパチンコ博物館にするべきだ、というような意見もあるようです。ただ最近は、パチンコ店経営をめぐる法律が変わってきて、台には更新制の許認可が必要になったらしく、あまり古い台は置けなくなってきてるらしい。まあ、ギャンブルですからね。そのせいか、「パチンコ天国」には似合わない「最新型入替」の張り紙が。

さて、なんで巣鴨の奥の方に行ったのかというと、それはロメオ・カステルッチの『Hey Girl!』を観るため。
特にストーリーとかは全然なくて、象徴的な場面が点在しているような構成。
『ロミオとジュリエット』のテクストが投影される中、奴隷黒人少女と現代イタリア娘の、二人の少女の時空を隔てるガラスがドドーンと割れて、時空を飛び越え二人が手を取り合い、ジュリエットを含めて3人の少女が共振しあう場面はぐぐっと来たけど(そういう場面だと思ったのはわたしだけかも?)、レーザー光線とか、デカイ音とか、マクラ持った人がいっぱい出てくるのとか、提示されたイメージのその先に進まない感じがもどかしい。

Nikon D40 + Ai35mmf1.4s /Photoshopでテキトーに加工
[PR]
by enikaita | 2009-03-12 23:32 | 舞台芸術
<< 韓国現代戯曲ドラマリーディング ペトリハーフVSオートハーフ >>


カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧